MENU

 アロマテラピー検定

 アロマ検定2級 練習問題

 アロマ検定2級 解答と解説

 アロマ検定1級 練習問題

 アロマ検定1級 解答と解説


アロマテラピー検定2級 練習問題 問61~80(解答)

このエントリーをはてなブックマークに追加

問61~75 精油の基礎知識(解答)
問76~80 精油のプロフィール(10種)(解答)

問61

精油は、引火性である。

問62

精油は、安全性を理解したうえで使用する必要がある。

問63

②は誘引効果、③は意味が逆、④は汗のように精油を蒸発させて自分を冷却して身を守っていると言われている。

問64

①は果肉ではなく果皮、②は微妙な香りを抽出するのにむいていない方法、③ヘキサンを使用するのは溶剤抽出法。

問65

エチルアルコールの別名はエタノール (ethanol) 。

問66

精油抽出の歴史の中に登場。

問67

鼻から吸い込んだ精油成分は肺の中に入り、さらに肺胞から毛細血管に入る。

問68

内服による精油吸収は他の経路と比べより多量の精油が吸収される。

問69

香りのもとである精油は植物全体にあるのではなく、特殊な分泌腺で作られ、油胞に蓄えられる。

問70

芳香物質には抗菌・抗真菌効果のあるものもある。

問71

香りの成分を直接溶かし出す方法で、歴史は比較的新しい方法。

問72

アロマ【aroma】とは、芳香や香りという意味。

問73

有機化合物とは、炭素を含む化合物である。

問74

精油は目に点眼してはいけない。

問75

精油は水よりも軽く、水に溶けない。

問76

①、②、③ともに水蒸気蒸留法で抽出。

問77

③のオレンジスイートは圧搾法、他は水蒸気蒸留法。

問78

全てミカン科だが、ラベンダーは花と葉から水蒸気蒸留法で製造する。

問79

イランイランという語はタガログ語由来 (ilang-ilang) であるが香気を意味する語ではなく、「花の中の花」という意味である。

問80

オレンジ・スイート(Orange Sweet)はミカン科。

⇒問題文

このエントリーをはてなブックマークに追加
一緒に読まれている記事

PAGE TOP↑