フラックス Flax ~アマニ油、土壌改良の効果も~

利用部分種    
利用法美容健康混植
【学 名】Linum usitatissimum
【分 類】アマ科・アマ属
【別 名】リンシード
【種 類】一・二・多年草
【草 丈】1m
【原産地】ヨーロッパ・アジア・アメリカ
  • フラックス1
  • フラックス2
  • フラックス3

フラックスの特徴

五千年の栽培の歴史

フラックス写真フラックスの葉は灰緑色の細い葉が互生し、花は青色の5弁花が咲きます。花が終わると、丸いさく果を結び、卵型の平らな黄褐色の種を作ります。

宿根のペレニアルフラックス(Linum perenne)もあります。

フラックスには五千年の栽培の歴史があり、キリストの遺体を包ん布(アマ布)は、この茎からとった繊維で作られていました

種は、風邪などの呼吸器疾患のときに便利なハーブティーになります。

アマニ油としても知られており、土壌改良の効果もあります。

フラックスの育て方

フラックス年間表

繊維が採れる

よく日のあたる場所で、肥沃な土を好みます。

繊維をとる場合は、花後に茎を刈り取り水につけて繊維を腐らせ、たたいて繊維をとります。種子が熟したら収穫し、乾燥させます。

混植

フラックスは、緑肥になります

にんじん、ジャガイモの畝の間に植えると良く育ちます花の最盛期には、ミツバチが集まります

関連記事

  1. サントリナ Santolina ~防虫効果でポプリに最適~
  2. カモミール Chamomile ~甘いリンゴの香り、抗アレルギー…
  3. チャービル Chervil ~魚や肉料理などの風味付けに~
  4. バジル Basil ~パスタやピザなどイタリア料理に利用~
  5. エキナセア Echinacea ~抗ウイルス作用で注目を浴びる~…
  6. アルカネット Alkanet ~青い小花は観賞用、葉はポプリに~…
  7. レモングラス Lemon Gras ~全草からレモンの香り~
  8. ボリジ Borage ~ワインに浮かべると花の色が変わる~
0 0 votes
記事の評価レート
通知
更新通知を受け取る »
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments

ハーブの不思議な話

おすすめ記事

【ハーブ7選】初心者でも育てられるハーブをランキングで紹介

育てやすいハーブとは「ハーブを育てる」と聞くと、なんだか丁寧に育てないといけないような印象を抱き…

カモミール Chamomile ~甘いリンゴの香り、抗アレルギー~

【学 名】Matricaria necutita、Chamaemel…

ハーブと野菜を一緒に植えるコンパニオンプランツ

コンパニオンプランツとは ハーブを単独で楽しむのはもちろんなのですが、ハーブ類と野菜類をうまく組…

ハーブとは何か

ハーブとは何か地球上の、山や森、野の草、緑の芝生、花壇の草花、熱帯雨林にある植物……。 いっ…

アロマテラピーのメカニズム

精油が心身に作用する経路アロマテラピーで精油(エッセンシャルオイル)を利用すれば、私たちはリ…

人気記事

  1. 用途別 ハーブ効能一覧
  2. 【ハーブ図鑑】ハーブの名前や種類、育て方、効果・効能
  3. (公社) 日本アロマ環境協会アロマテラピー検定

記事ランキング

カテゴリー

おすすめ記事

  1. ハーブの病害虫対策
PAGE TOP
0
質問やコメントをどうぞ!x