ホップ Hop ~ご存じビールの原料~

利用部分葉花茎
利用法料理美容健康染料混植
【学 名】Humulus lupulus
【分 類】クワ科・カラハナソウ属
【別 名】セイヨウハラハナソウ
【種 類】多年草
【草 丈】6m
【原産地】北半球の温帯
  • ホップ1
  • ホップ2
  • ホップ3

ホップの特徴

ビールの原料

ビール、枝豆、冷奴紀元1世紀のローマの博物学者プリニウスによれば、ホップは 当時の庭園の植物として、また野菜として一般的でした。

春にはわき芽が市場で売られ、アスパラガスと同じように食べていました。

しかし、8世紀ごろにはもっぱらビールの殺菌剤、保存料、風味付けとして全ヨーロッパで広く使われるようになっています。 今では、安眠枕の材料や茶色の染色の染料として用いることもあります。
ビール

ホップは雌雄異株で、蔓状にほかの木や植物に絡みながら成長し、 高さは6mにもなります

茎も葉もざらざらとしていて、鋸歯状の3~5つに分かれた葉が対生し、雌花はかさの大きな花をつけ、雄花は目立たない薄黄色の花です。

ホップの育て方

ホップ年間表

支柱やワイヤーを張ってつるを誘導する

よく日のあたる場所から、明るい日陰となる場所でよく育ち、水はけがよく湿り気のある土が適しています。 寒さに強くとても丈夫で、冷涼な気候を好みます。

支柱やワイヤーを張ってつるを誘導して、ほかの植物を覆わないようにするとよいでしょう。また、混植すると、ジャガイモの害虫を防ぎます

関連記事

  1. ハイビスカス Hibiscus ~夏の喉の渇きをいやすのに最適で…
  2. ニゲラ Nigella ~美しい花と種の芳香~
  3. タイム Thyme ~肉料理の風味づけに最適~
  4. カレープラント Carry Plant ~ カレーそっくりの香り…
  5. カモミール Chamomile ~甘いリンゴの香り、抗アレルギー…
  6. レモンバーム Melissa ~育てやすく爽やかなレモンの香り~…
  7. オレガノ Oregano ~イタリア料理欠かせないハーブ~
  8. アニスヒソップ Anise Hyssop ~ミツバチを呼ぶ蜜源植…
5 1 vote
記事の評価レート
通知
更新通知を受け取る »
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments

ハーブの不思議な話

おすすめ記事

【ハーブ7選】初心者でも育てられるハーブをランキングで紹介

育てやすいハーブとは「ハーブを育てる」と聞くと、なんだか丁寧に育てないといけないような印象を抱き…

カモミール Chamomile ~甘いリンゴの香り、抗アレルギー~

【学 名】Matricaria necutita、Chamaemel…

ハーブと野菜を一緒に植えるコンパニオンプランツ

コンパニオンプランツとは ハーブを単独で楽しむのはもちろんなのですが、ハーブ類と野菜類をうまく組…

ハーブとは何か

ハーブとは何か地球上の、山や森、野の草、緑の芝生、花壇の草花、熱帯雨林にある植物……。 いっ…

アロマテラピーのメカニズム

精油が心身に作用する経路アロマテラピーで精油(エッセンシャルオイル)を利用すれば、私たちはリ…

人気記事

  1. 精油(エッセンシャルオイル)の抽出方法
  2. 用途別 ハーブ効能一覧
  3. (公社) 日本アロマ環境協会アロマテラピー検定

記事ランキング

カテゴリー

おすすめ記事

PAGE TOP
0
質問やコメントをどうぞ!x