アロマテラピー検定2級 練習問題 問141~160(解答)


問141~160 精油のプロフィール(10種) (解答)



問141

ユーカリに収れん作用やモイスチャー効果はない。

問142

主な産地はオーストラリア以外にも、スペイン、中国、南アフリカ、ポルトガルがある。

問143

シソ科ではなくフトモモ科の高木。

問144

ユーカリ、ティートリーともにフトモモ科。

問145

ユーカリの葉から水蒸気蒸留法で抽出する。

問146

ラベンダーは花と葉を使う。

問147

日本でもフランスより輸入し、昭和初期から精油を作るために栽培されている。

問148

Lavandula は「洗う」という意味のラテン語。

問149

ラベンダーは、ローズマリーやペパーミントと同じシソ科。

問150

ラベンダーの主な原産地はフランス、イギリス、イタリア、ブルガリア、日本。日本は日本ハッカが有名。

問151

ラベンダー精油は、花と葉から水蒸気蒸留法で抽出する。

問152

ラバンジュロールが特徴成分。

問153

若返りのハンガリアンウォーターの主成分はローズマリーより抽出される。

問154

①②はフランキンセンス、③はローズマリー。

問155

レモンの果皮から圧搾法で採取する。

問156

レモンの主な成分は、リモネン、シトラール、オクタナール、リナロール。

問157

果皮を圧搾して抽出する。

問158

ベルガプテンは含まないが、光毒性には注意する。

問159

レモンは果皮から圧搾法で採取する。

問160

ローズマリーは葉から精油を抽出する。

⇒問題文

関連記事

  1. アロマテラピー検定1級 練習問題 問301~320(解答)
  2. アロマテラピー検定2級 練習問題 問21~40
  3. アロマテラピー検定2級 練習問題 問221~240
  4. アロマテラピー検定2級 練習問題 問121~140(解答)
  5. アロマテラピー検定2級 練習問題 問81~100(解答)
  6. アロマテラピー検定1級 練習問題 問121~140
  7. アロマテラピー検定2級 練習問題 問281~300(解答)
  8. アロマテラピー検定2級 練習問題 問101~120
0 0 votes
記事の評価レート
通知
更新通知を受け取る »
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments

ハーブの不思議な話

おすすめ記事

【ハーブ7選】初心者でも育てられるハーブをランキングで紹介

育てやすいハーブとは「ハーブを育てる」と聞くと、なんだか丁寧に育てないといけないような印象を抱き…

カモミール Chamomile ~甘いリンゴの香り、抗アレルギー~

【学 名】Matricaria necutita、Chamaemel…

ハーブと野菜を一緒に植えるコンパニオンプランツ

コンパニオンプランツとは ハーブを単独で楽しむのはもちろんなのですが、ハーブ類と野菜類をうまく組…

ハーブとは何か

ハーブとは何か地球上の、山や森、野の草、緑の芝生、花壇の草花、熱帯雨林にある植物……。 いっ…

アロマテラピーのメカニズム

精油が心身に作用する経路アロマテラピーで精油(エッセンシャルオイル)を利用すれば、私たちはリ…

人気記事

  1. 精油(エッセンシャルオイル)の抽出方法
  2. 【ハーブ図鑑】ハーブの名前や種類、育て方、効果・効能
  3. (公社) 日本アロマ環境協会アロマテラピー検定

記事ランキング

カテゴリー

おすすめ記事

PAGE TOP
0
質問やコメントをどうぞ!x