アロマテラピー検定

 アロマ検定2級 練習問題

 アロマ検定2級 解答と解説

 アロマ検定1級 練習問題

 アロマ検定1級 解答と解説


新着レシピ

 

本日:
昨日:
現在の訪問者数:現在

アロマテラピー検定2級 練習問題 問141~160(解答)

問141~160 精油のプロフィール(10種) (解答)

問141

ユーカリに収れん作用やモイスチャー効果はない。

問142

主な産地はオーストラリア以外にも、スペイン、中国、南アフリカ、ポルトガルがある。

問143

シソ科ではなくフトモモ科の高木。

問144

ユーカリ、ティートリーともにフトモモ科。

問145

ユーカリの葉から水蒸気蒸留法で抽出する。

問146

ラベンダーは花と葉を使う。

問147

日本でもフランスより輸入し、昭和初期から精油を作るために栽培されている。

問148

Lavandula は「洗う」という意味のラテン語。

問149

ラベンダーは、ローズマリーやペパーミントと同じシソ科。

問150

ラベンダーの主な原産地はフランス、イギリス、イタリア、ブルガリア、日本。日本は日本ハッカが有名。

問151

ラベンダー精油は、花と葉から水蒸気蒸留法で抽出する。

問152

ラバンジュロールが特徴成分。

問153

若返りのハンガリアンウォーターの主成分はローズマリーより抽出される。

問154

①②はフランキンセンス、③はローズマリー。

問155

レモンの果皮から圧搾法で採取する。

問156

レモンの主な成分は、リモネン、シトラール、オクタナール、リナロール。

問157

果皮を圧搾して抽出する。

問158

ベルガプテンは含まないが、光毒性には注意する。

問159

レモンは果皮から圧搾法で採取する。

問160

ローズマリーは葉から精油を抽出する。

⇒問題文

一緒に読まれている記事

PAGE TOP↑