MENU

 アロマテラピー検定

 アロマ検定2級 練習問題

 アロマ検定2級 解答と解説

 アロマ検定1級 練習問題

 アロマ検定1級 解答と解説


アロマテラピー検定1級 練習問題 問121~140

このエントリーをはてなブックマークに追加

問121~140 アロマテラピーのメカニズム

問121

抗菌作用のある精油を次の中から1つ選びなさい。
①ペパーミント
②ジャスミン
③イランイラン
④ゼラニウム

問122

毒素排出、利尿作用がない精油を次の中から1つ選びなさい 。
①ジュニパーベリー
②クラリセージ
③ブラックペッパー
④ローズマリー

問123

免疫賦活作用のない精油を次の中から1つ選びなさい 。
①ティートリー
②ラベンダー
③レモン
④クラリセージ

問124

消化・食欲増進作用がある成分を次の中から1つ選びなさい 。
①カマズレン
②カンファー
③スクラレオール
④リモネン

問125

メントールの主な作用を次の中から1つ選びなさい。
①抗菌
②抗酸化作用
③エモリエント
④ホルモン調節

問126

1,8シネオールとカンファーに共通する作用を次の中から1つ選びなさい。
①利尿
②鎮静
③去痰
④ホルモン調整

問127

光毒性のある成分はどれか。次の中から1つ選びなさい。
①ベルガプテン
②カマズレン
③リモネン
④1,8シネオール

問128

精油の成分で誤っている文を次の中から1つ選びなさい。
①ラベンダーは酢酸リナロールという鎮静効果のある成分を多く含んでいる
②ユーカリには痰を切る作用のあるゲラニオールという成分を多く含んでいる
③ペパーミントのメントールには殺菌作用、抗真菌作用がある
④オレンジは消化を促進させる成分リモネンを多く含んでいる

問129

「嗅覚の伝達経路」で正しいものを次の中から1つ選びなさい。
①嗅毛→嗅索→嗅球→大脳辺縁系 ②嗅毛→嗅球→嗅索→大脳新皮質 ③嗅毛→嗅球→嗅索→大脳辺縁系 ④嗅球→嗅毛→嗅索→大脳辺縁系

問130

製油の作用について誤った文を次の中から1つ選びなさい。
①口から入った精油成分は消化器の粘膜から血管に入り、全身に優しく作用する
②製油成分を匂いとして認識するのは大脳
③皮膚に塗られた製油は皮膚内の末梢血管に入り血液循環によって全身をめぐる
④鼻から吸い込んだ精油成分の一部は鼻の粘膜から血管に入る

問131

嗅覚からの経路について正しいものを次の中から1つ選びなさい。
①吸入した精油成分は、鼻の粘膜に留まり血液循環に入らない
②精油成分は消化器官粘膜に留まり、血液循環には入らない
③嗅覚は、芳香成分→大脳辺縁系→嗅索と伝達される
④香りの成分は電気信号となり脳へ伝達される

問132

精油が作用するルートはいくつかるか?
①7つ
②4つ
③2つ
④3つ

問133

精油が作用するルートで誤ったものを次の中から1つ選びなさい。
①鼻から脳へ
②皮膚から外耳へ
③皮膚から血液、リンパへ
④吸入によって肺から血液へ

問134

精油成分の刺激は鼻の奥の嗅細胞で何に変えられて大脳に送られるか。次の中から1つ選びなさい。
①電気的信号
②芳香成分
③メントール
④粘膜

問135

精油の皮膚への作用について誤った文を次の中から1つ選びなさい。
①レモングラスなどに含まれるシトラールは肌に刺激を与えることがある
②ベルガモットに含まれるベルガプテンは光毒性をもつ
③ティートリーの殺菌作用は消毒や化膿止めにも使われる
④リナロールには光毒性がある

問136

次の中で「細菌・ウィルス・虫などに対する作用」でないものを1つ選びなさい。
①抗ウィルス作用
②駆風作用
③殺菌作用
④エモリエント作用

問137

精油成分によるマイナスの作用でないものを次の中から1つ選びなさい。
①皮膚刺激・粘膜刺激
②光毒性
③収れん作用
④感作

問138

「鎮痙作用」について正しいものを次の中から1つ選びなさい。
①精神をリラックスさせる作用
②免疫を高める作用
③筋肉の緊張を緩める作用
④アレルギー反応

問139

皮膚に潤いを与え、乾燥を防ぐ作用を次の中から1つ選びなさい。
①モイスチャー作用
②エモリエント作用
③アストリンゼント作用
④収れん作用

問140

バクテリアなどの菌を殺す作用を次の中から1つ選びなさい。
①抗真菌作用
②抗ウィルス作用
③殺菌作用
④除菌作用

⇒解答と解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
一緒に読まれている記事

PAGE TOP↑