ベルガモット Bergamot ~庭にたくさんのミツバチを呼ぶ~

利用部分葉花
利用法ハーブティー料理美容健康
【学 名】 Monarda didyma
【分 類】 シソ科・ヤグルマハッカ属
【別 名】 タイマツバナ、ビーバーム、モナルダ
【種 類】 多年草
【草 丈】 60cm~120cm
【原産地】 アメリカ
【精油成分】 チモール・カルバクロール
  • ベルガモット1
  • ベルガモット2
  • ベルガモット3

ベルガモットの特徴

大航海時代、アメリカからイギリスへ

タイマツバナベルガモットは、北アメリカのケベックからミシガンに分布している多年草です。和名でタイマツバナと呼ばれるように、松明の炎を連想させる花を咲かせます。

アロマテラピーとして精油で利用されるベルガモット(ベルガモットオレンジ)とはまったく別物なのですが、若い葉がベルガモットオレンジの香りに似ているため、ベルガモットと名付けられました。

ベルガモットの属名モナルダ(Monarda)は、北アメリカの植物を研究したスペインの医師Nicholos de Monardesを記念して付けられています。

ベルガモット写真ベルガモットの葉は4稜、葉は対生して卵円形から卵上披針形で鋸歯があって、長さ15センチほど。夏から秋にかけてよく分岐した枝先に緋紅色の頭上花を付け、これを囲む苞も色づいて目立ちます。

イギリスの移民が北アメリカへ渡航する時に、身近な野菜やハーブの種子を携えていったのですが、現地に入った時にこのベルガモットを知り、利用法を住人に教わりました。

ベルガモットは、オンタリオ湖に近いオスウィーゴ地方でネイティブアメリカン(先住民)のオスウィーゴ族が利用していたことから、英名でオスウィーゴティーと呼ばれていました。

1744年、アメリカの植物学者ジョン・バートラムによってベルガモットの種子をロンドンに住む商人フィリップ・コリンソンへ送られると、瞬く間に人気の園芸植物となっています。
その後、1773年のボストン茶会事件で茶の不輸入運動が展開されたことで、オスティーゴティーの人気はますます高まっていきます

ボストン茶会事件とは

1773年12月16日、アメリカのマサチューセッツ湾植民地の住民がイギリスの茶税法に反対して、ボストン港に停泊中の東インド会社の船から茶箱を海に投棄した事件。イギリスの制定した茶税法は、北アメリカの13植民地に対し東インド会社が通常の関税なしに紅茶を売ることを認めたもので、植民地で独占的に販売しようとした。本国の裁判で植民地の人々を裁くなどしたため、後のアメリカ独立戦争への転機になった出来事と評されている。

ティー、浴湯、ポプリなどに

ベルガモット写真ベルガモットの葉はレモンのような香りがしますが、精油にチモールと少量のカルバクロールを含んでいます。芳香性健胃薬、駆風薬とされていました。

若い葉はサラダやワインの香り付け、詰め物料理に利用します。花びらはサラダに散らしたり、パンやクッキーに入れます。

赤い花のフレッシュハーブティーにレモンを入れると、さらに美しい色になります。その他、浴湯、ポプリなどにも用います。

ベルガモットの育て方

ベルガモット年間表

土が乾きすぎないように注意

寒さに強く、育てやすいハーブです。日当たりのよい場所から明るい日陰となる場所でよく育ちます。

乾燥に弱くやや湿り気のある土が適しているので、土が乾きすぎないように気を付けますが、うどん粉病になりやすいので風通しを良くする必要があります

また、栄養分を多く必要とするので、植え付け場所の土に元肥を入れて追肥を施すのを忘れないようにしてください。

庭にたくさんのミツバチが

ビーバーム別名ビーバームの名を持つように、たくさんのミツバチを呼ぶ蜜源植物です。

園芸品種も多く、白色やピング色、青紫色などの花の色も楽しめます。

風味はどの品種でもほぼ一定ですが花色は幅広く、イギリスには87種類のベルガモット園芸品種があります。

ベルガモットのカラー

赤系
アダム背丈90センチ、香りの良い葉に赤い花を付け、耐寒性に優れている。
ケンブリッジ・スカーレット古くからの品種。
ファイアーボール濃緑色の香りのよい葉に深紅の球形の花を付ける。35センチ×60センチとコンパクト。
赤系
アダム背丈90センチ、香りの良い葉に赤い花を付け、耐寒性に優れている。
ケンブリッジ・スカーレット古くからの品種。
ファイアーボール濃緑色の香りのよい葉に深紅の球形の花を付ける。35センチ×60センチとコンパクト。
ピンク系
ビューティー・オヴ・コバム淡いピンク色の花をつける。
クロフトウェー・ピンクよりピンクの花色が濃い。
紫系
ブラオシュトルンプフ
ブルー・ストッキング
香りのよい葉に赤みがかった濃い藤色や紫の花をつける。草丈150センチに成長。
パープルルースターアメリカの園芸品種でうどん粉病に強く、鮮やかな葉に大きな紫色の花を付ける。背丈90センチに成長。
白系
シュネーヴィットヒェン
スノー・メイデン
緑色の苞葉に白い房状の花が輪のように付き、花期が長い。

関連記事

  1. ソープワート Soapwort ~石鹸やシャンプーの代わりに~
  2. アルカネット Alkanet ~青い小花は観賞用、葉はポプリに~…
  3. タイム Thyme ~肉料理の風味づけに最適~
  4. ローズマリー Rosemary ~集中力・記憶力を高めるハーブ~…
  5. クレソン Watercress ~水辺に群生する水生植物です~
  6. コモンマロウ Common Mallow ~レモンを入れると色が…
  7. ディル Dill ~北欧の魚料理に使われるハーブ~
  8. チャイブ Chives ~ネギの仲間、薬味として料理に~
3.7 3 votes
記事の評価レート
通知
更新通知を受け取る »
guest
1 コメント
Oldest
Newest 最多投票数
Inline Feedbacks
View all comments

ハーブの不思議な話

おすすめ記事

【ハーブ7選】初心者でも育てられるハーブをランキングで紹介

育てやすいハーブとは「ハーブを育てる」と聞くと、なんだか丁寧に育てないといけないような印象を抱き…

カモミール Chamomile ~甘いリンゴの香り、抗アレルギー~

【学 名】Matricaria necutita、Chamaemel…

ハーブと野菜を一緒に植えるコンパニオンプランツ

コンパニオンプランツとは ハーブを単独で楽しむのはもちろんなのですが、ハーブ類と野菜類をうまく組…

ハーブとは何か

ハーブとは何か地球上の、山や森、野の草、緑の芝生、花壇の草花、熱帯雨林にある植物……。 いっ…

アロマテラピーのメカニズム

精油が心身に作用する経路アロマテラピーで精油(エッセンシャルオイル)を利用すれば、私たちはリ…

人気記事

  1. 精油(エッセンシャルオイル)の抽出方法
  2. 用途別 ハーブ効能一覧
  3. 【ハーブ図鑑】ハーブの名前や種類、育て方、効果・効能

記事ランキング

カテゴリー

おすすめ記事

PAGE TOP
1
0
質問やコメントをどうぞ!x