アロマテラピー検定

 アロマ検定2級 練習問題

 アロマ検定2級 解答と解説

 アロマ検定1級 練習問題

 アロマ検定1級 解答と解説


新着レシピ

 

本日:
昨日:
現在の訪問者数:現在

アロマテラピー検定2級 練習問題 問41~60(解答)

問41~60 精油の基礎知識 (解答)

問41

柑橘系はトップノートが多く、ベースノートの代表はフランキンセンス、サンダルウッドなど。

問42

油に溶けるが、水には溶けない。

問43

問44

精油は植物が作り出した有機化合物である。

問45

④搾りカスなどの不純物が混入したり、変化しやすい成分が多く含まれるため劣化が早い。

問46

①芳香蒸留水はフローラルウォーターという。

問47

①は、油脂吸着法。

問48

脂溶性または親油性である。

問49

エチルアルコールを蒸発させると、アブソリュートと呼ばれる精油が抽出される。

問50

油脂吸着法には、アンフルラージュ法(冷浸法)とマセレーション法(温浸法)とがある。

問51

高温で沸騰させたり蒸気を吹き込んだりするため、植物によっては、熱と水で香りや成分が失われる。

問52

圧搾法は低温で行うため、温度による変化はほとんどない。

問53

カスなどの不純物が混入したり、変化しやすい成分が多く劣化が早い。

問54

問55

精油は水より軽い。

問56

植物の成分を凝縮したものなので濃い。

問57

問58

油脂吸着法では、グリセリンではなく、石油エーテルやヘキサン、ベンゼンなどが使われる。

問59

問60

現在のアブソリュートはほとんどが有機溶剤抽出法によるものである。

⇒問題文

一緒に読まれている記事

PAGE TOP↑