キャラウェイ Caraway ~種をよく料理に使います~

利用部分葉花根種
利用法料理美容健康アロマテラピー
【学 名】Carum canvi
【分 類】セリ科・キャラウェイ属
【別 名】ヒメウイキョウ
【種 類】2年草
【草 丈】30~80cm
【原産地】西ヨーロッパ
【精油成分】カルボン、リモネン
  • キャラウェイ1
  • キャラウェイ2
  • キャラウェイ3

キャラウェイの特徴

石器時代から利用されている

キャラウェイは、石器時代の遺跡や古代エジプトの墓、シルクロード沿いの古代の宿場町の遺跡からも発見されています

もともとアラビア語でカラウィーヤと証したのがなまって、キャラウェイになりました。属名のカルムはキャラウェイの古名、またはこれが発見された地区名カリアに由来しているとも言われ、種小名のカルウイは“頭”の意味で、複散形花序の形によります。

葉はやや硬い感じで、二回羽状複葉、小葉はさらに多裂して、烈片は糸状になります。6月ごろに花茎を伸ばし、複散形花序に白色の小花をつけます。

果実は双懸果で、熟して乾燥すると分離して三日月形になります。長さ4~7m、暗褐色で白色の肋線が目立ちます。

葉はサラダ、種子はピクルスに

葉はサラダやスープに、種子はピクルスやザワークラウト、チーズ料理、パン、クッキーなどに用います。ニンニクを食べた後に噛むと、匂いを消してくれます。

シーズの精油には主にカルポンとリモネンを含んでいて、健胃、駆風薬に利用されます。若葉や間引いた苗は刻んでスープやサラダに入れ、また野菜のように煮炊きにも使います。

果実の収穫は実が黄褐色になるころに房を摘みとるか、株際から切り取って、乾燥させます。しごいて枝や未熟化、ゴミを取り除いて、密閉できる容器につめて保存します。

乾燥させたキャラウェイ・シーズは料理や加工食品に粉状か原型のまま使われます。

パンやケーキに粒上のまま入れると、噛んだときにつぶれて風味が出ます。ドイツのキャベツの漬物ザウエルクラウトには欠かせないシーズです。

キャラウェイの育て方

キャラウェイ年間表

鉢で育てる場合は深めの鉢を

日当たりのよい場所から、明るい日陰となる場所でよく育ち、水はけがよく、有機質に富んだ栄養豊富な土を好みます。種子を春か秋に直まきします。

根が傷みやすいので、生育中に何度か間引きして株間を40cm前後にします。その間引き苗は調理に使うこともできます。

最終的には根が地中深くまで伸びるので、鉢で育てる場合は深めの鉢を用意しましょう。

関連記事

  1. キャットニップ Catnip ~猫が好む香りを持つハーブ~
  2. コリアンダー Coriander ~タイ、ベトナム料理に欠かせな…
  3. カモミール Chamomile ~甘いリンゴの香り、抗アレルギー…
  4. コンフリー Comfrey ~ハーブガーデンの肥料用(緑肥)に~…
  5. カレープラント Carry Plant ~ カレーそっくりの香り…
  6. クローバーレッド Clover Red ~ミツバチの集まるクロー…
  7. クレソン Watercress ~水辺に群生する水生植物です~
5 1 vote
記事の評価レート
通知
更新通知を受け取る »
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments

ハーブの不思議な話

おすすめ記事

【ハーブ7選】初心者でも育てられるハーブをランキングで紹介

育てやすいハーブとは「ハーブを育てる」と聞くと、なんだか丁寧に育てないといけないような印象を抱き…

カモミール Chamomile ~甘いリンゴの香り、抗アレルギー~

【学 名】Matricaria necutita、Chamaemel…

ハーブと野菜を一緒に植えるコンパニオンプランツ

コンパニオンプランツとは ハーブを単独で楽しむのはもちろんなのですが、ハーブ類と野菜類をうまく組…

ハーブとは何か

ハーブとは何か地球上の、山や森、野の草、緑の芝生、花壇の草花、熱帯雨林にある植物……。 いっ…

アロマテラピーのメカニズム

精油が心身に作用する経路アロマテラピーで精油(エッセンシャルオイル)を利用すれば、私たちはリ…

人気記事

  1. 精油(エッセンシャルオイル)の抽出方法
  2. (公社) 日本アロマ環境協会アロマテラピー検定
  3. 【ハーブ図鑑】ハーブの名前や種類、育て方、効果・効能

記事ランキング

カテゴリー

おすすめ記事

PAGE TOP
0
質問やコメントをどうぞ!x