アロエ Aloe ~火傷の治療に抜群の効果~

利用部分葉利用法料理美容健康
【学 名】Aloe vera
【分 類】ユリ科アロエ属
【別 名】キダチアロエ
【種 類】多年草
【草 丈】20cm~90cm
【原産地】南アフリカ・北アフリカ
  • アロエ1
  • アロエ2
  • アロエ3

アロエの特徴

女王クレオパトラの美貌の秘密はアロエ!?

アロエとアロエのハンドクリーム女王クレオパトラの美貌の秘密は、このアロエだったと言われています。

クレオパトラは、アロエの液汁を体中に塗り付けたりアロエで化粧水を作って肌に潤いを与え、エジプトの強い日差しから肌を守っていました。

現在でも、化粧品やハンドクリーム、日焼け止めローション、シャンプーなどにアロエの成分が使われています

アロエとアロエのハンドクリームまた、放射能によるやけどを治す作用があるため、アメリカ政府が原子力事故に備えて、アロエを大量に備蓄しているとも言われています。

紀元前1550年ごろ書かれた古代エジプトの医学書『エーベルス・パピルス』には、アロエが「不滅の植物」と呼ばれて珍重されていたことや800以上に及ぶアロエの使用方法の記述が見つかっています。

なお、「アロエ」の語源はアラビア語で「苦い」、「ベラ」はラテン語で「真実」という意味です。

アレキサンダー大王とアロエ

アレクサンダー大王紀元前330年ごろマケドニア帝国を築いたアレキサンダー大王も、アロエ好きで知られています。

アレクサンダー大王は、哲学者のアリストテレスからアロエの効能を聞き、アロエの自生地であるアフリカのソコトラ島を占領し、そこでアロエを栽培させました。

そして、東征遠征の際、将兵の病気予防や怪我の治療、健康維持にアロエを用いたと言われています。

火傷に抜群の効果!

アロエの花日本でよく見かける鉢植えはキダチアロエ(Aloe arborescens)で、暖地なら屋外でも育ちます。

ロゼット状に密生する多肉質のとげのある葉を持ち、大きくなると灰色がかります。

火傷や皮膚のかゆみ、湿疹に、ゼリーの部分をそのまま使います。 葉から取れた液を入れたクリームは、乾燥肌に効果があります。

なお、アロエは花茎に黄色からオレンジ色の筒状の花を穂状に咲かせます。

食用や健康酒にも

アロエ写真ローションは日焼あとのケアに、シャンプーは頭皮や髪に潤いを与えます。

生汁は、火傷の手当てや湿疹の治療に、ゼリーは食べると便秘に効果がありますが、過食は禁物

苦味の少ない種類は、ゼリーの部分をヨーグルトなどのデザートに利用します。アロエの葉をお酒に漬け込んで、アロエ酒としても利用できます。他にも、天ぷらや刺身にしてアロエを食べる方法もあります。

ただ、作用が強いため妊婦や痔疾の人は医師に相談してから利用してください。

アロエの育て方

アロエ_年間表

非耐寒性なので、冬に注意

日当たりがよく、砂を含むような水はけの良い場所を好みます。

非耐寒性なので、鉢植えの方が適しています。苗を購入し、株が大きくなってきたら株分けすると容易に増えます。

冬に外へ出していると葉が腐ってきてしまうので、必ず屋内へ取りこんでおきます。 出しっぱなしにしておくと葉っぱが柔らかくなっていき、やがて枯れてしまいます。

関連記事

  1. エキナセア Echinacea ~抗ウイルス作用で注目を浴びる~…
  2. オレガノ Oregano ~イタリア料理欠かせないハーブ~
  3. イタリアンパセリ Italian Parsley ~料理でおなじ…
  4. エルダー Elder ~染料から食用まで、全草を使います~
  5. アルカネット Alkanet ~青い小花は観賞用、葉はポプリに~…
  6. エリキャンペーン Elecampane ~ヒマワリを思わせるハー…
  7. アーティチョーク Artichoke ~蕾や葉が食用になります~…
  8. オリーブ Olive ~オリーブオイルの原料、イタリア料理に~
3.5 2 votes
記事の評価レート
通知
更新通知を受け取る »
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments

ハーブの不思議な話

おすすめ記事

【ハーブ7選】初心者でも育てられるハーブをランキングで紹介

育てやすいハーブとは「ハーブを育てる」と聞くと、なんだか丁寧に育てないといけないような印象を抱き…

カモミール Chamomile ~甘いリンゴの香り、抗アレルギー~

【学 名】Matricaria necutita、Chamaemel…

ハーブと野菜を一緒に植えるコンパニオンプランツ

コンパニオンプランツとは ハーブを単独で楽しむのはもちろんなのですが、ハーブ類と野菜類をうまく組…

ハーブとは何か

ハーブとは何か地球上の、山や森、野の草、緑の芝生、花壇の草花、熱帯雨林にある植物……。 いっ…

アロマテラピーのメカニズム

精油が心身に作用する経路アロマテラピーで精油(エッセンシャルオイル)を利用すれば、私たちはリ…

人気記事

  1. 精油(エッセンシャルオイル)の抽出方法
  2. 【ハーブ図鑑】ハーブの名前や種類、育て方、効果・効能
  3. (公社) 日本アロマ環境協会アロマテラピー検定

記事ランキング

カテゴリー

おすすめ記事

  1. ご注意・免責事項
PAGE TOP
0
質問やコメントをどうぞ!x