オリーブ Olive ~オリーブオイルの原料、イタリア料理に~

利用部分果実
利用法料理
【学 名】Olea europaea
【分 類】モクセイ科
【別 名】オリバ・オレイフ
【種 類】常緑高木
【草 丈】7~10m
【原産地】地中海沿岸
  • オリーブ1
  • オリーブ2
  • オリーブ3

オリーブの特徴

オリーブの枝は、平和の象徴

オリーブオイルオリーブは、実からとれるオリーブオイルで有名です。

地中海沿岸が原産で比較的乾燥に強いことから、スペインやイタリアなどで広く栽培されています。

オリーブの枝は、『旧約聖書』に基づきハトとともに平和の象徴とされることが多くみられます。これは、神が起こした大洪水のあと、陸地を探すためにノアの放ったハトがオリーブの枝をくわえて戻ってきたことに由来します。

オリーブオイルこれにより、洪水が引き始めオリーブの枝が水の上に現れたことが知れました。

オリーブは、国際連合旗やいくつかの国の国旗や国章にも使われています。

オリーブオイルの原料

オリーブオイルイタリア料理の必需品オリーブオイルのほか、実の塩漬けやピクルスを料理に使用します。

オリーブは観葉植物としても人気があるため、園芸店でも販売されています。

オリーブの育て方

オリーブ年間表

水はけよく、乾燥気味に管理

生育適温は15~20℃なのですが、寒さに比較的強く、関東以南の地域では庭に植えて育てることができます

日当たりのよい場所で水はけのよい土に植えつけ、乾燥気味に管理します。若木は雨に弱いので、梅雨時の雨を避けるように工夫しましょう。

また、オリーブは多くの品種で自家受粉できないため2本以上隣接して植えた方がよいとされています。

オリーブオイルと料理

オリーブを使ったナチョス
オリーブオイルを使った彩り野菜と貝のパスタ
オリーブとエビのシーフードサラダ

オリーブの実から取れるオリーブオイルは、果実の一番搾りである「バージン・オリーブオイル」、その中でもサンドが低く味も香りも最高級な「エクストラ・バージンオイル」、バージン・オリーブオイルと精製したオイルをブレンドした加工品である「オリーブオイル」に分かれます。

熱や薬品などの加工を一切せずに食せる唯一の食用油で、味や香りが品種と果実の熟成度によって変わります。

実が熟すほど黄金色が濃く味わいもまろやかになり、様々な料理に使うことができます。

オリーブのトラブル対策

Q.質問 全体的に葉の色が薄くなってきました。

A.回答 肥料不足の可能性があります。
有機肥料を与えれば、葉は再びきれいなオリーブグリーンに変わります。化学肥料は即効性がありますが、土に負荷がかかるためできれば有機肥料が良いです。

Q.質問 葉が黄色くなってパラパラと落ちてしまいます。

A.回答 虫や病気、生育環境をチェックしてください。
常に土が湿っている状態だと、根腐れの原因に。逆に、土が乾きすぎていたら水不足。
鉢が小さくなっていたら根詰まりの可能性、肥料は大切ですがやりすぎも禁物です。

Q.質問 オリーブに実が付かないのですが・・・

A.回答 剪定のし過ぎや肥料不足の可能性があります。
オリーブは生育が早く、剪定するほどぐんぐん育っていきます。

しかし、オリーブは新梢に実を付けるので、刈り込むのは禁物。緑色の木肌が新梢で、のちに花を咲かせ実を付ける部分になります。
剪定は、葉が落ちた枯れ枝や下向きの枝、内側に向いてしまっている枝、交差してしまっている部分の片方など、枝を透かして光と風を内側まで通すように剪定しましょう。

剪定時期は根が休眠する2月が基本、軽めの剪定であればいつでも大丈夫です。
オリーブは、違った品種を2本以上植えた方が実の付く確率がアップします。なお、実がなるまでに挿し木は5年以上、実生なら15年以上かかります。

関連記事

  1. アロマティカス Aromaticus ~香りのする多肉植物ハーブ…
  2. エルダー Elder ~染料から食用まで、全草を使います~
  3. エリキャンペーン Elecampane ~ヒマワリを思わせるハー…
  4. オレガノ Oregano ~イタリア料理欠かせないハーブ~
  5. アーティチョーク Artichoke ~蕾や葉が食用になります~…
  6. エキナセア Echinacea ~抗ウイルス作用で注目を浴びる~…
  7. アルカネット Alkanet ~青い小花は観賞用、葉はポプリに~…
  8. アンゼリカ Angelica ~リキュールの重要な香料の1つ~
5 1 vote
記事の評価レート
通知
更新通知を受け取る »
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments

ハーブの不思議な話

おすすめ記事

【ハーブ7選】初心者でも育てられるハーブをランキングで紹介

育てやすいハーブとは「ハーブを育てる」と聞くと、なんだか丁寧に育てないといけないような印象を抱き…

カモミール Chamomile ~甘いリンゴの香り、抗アレルギー~

【学 名】Matricaria necutita、Chamaemel…

ハーブと野菜を一緒に植えるコンパニオンプランツ

コンパニオンプランツとは ハーブを単独で楽しむのはもちろんなのですが、ハーブ類と野菜類をうまく組…

ハーブとは何か

ハーブとは何か地球上の、山や森、野の草、緑の芝生、花壇の草花、熱帯雨林にある植物……。 いっ…

アロマテラピーのメカニズム

精油が心身に作用する経路アロマテラピーで精油(エッセンシャルオイル)を利用すれば、私たちはリ…

人気記事

  1. (公社) 日本アロマ環境協会アロマテラピー検定
  2. 用途別 ハーブ効能一覧
  3. 精油(エッセンシャルオイル)の抽出方法

記事ランキング

カテゴリー

おすすめ記事

PAGE TOP
0
質問やコメントをどうぞ!x