ダンデライオン Dandelion ~ヘルシーなタンポポコーヒー~

利用部分葉花根
利用法料理美容健康染料混植
【学 名】Taraxacum officinale
【分 類】キク科・タンポポ属
【別 名】セイヨウタンポポ・
フェアリークロック
【種 類】多年草
【草 丈】10~30cm
【原産地】北半球
  • ダンデライオン1
  • ダンデライオン2
  • ダンデライオン3

ダンデライオン(タンポポ)の特徴

葉の形が「ライオンの歯のよう」

タンデライオン(たんぽぽ)写真タンデライオンとは、日本でどこでも見かける西洋タンポポのことです。

葉の形が「ライオンの歯のようだ」というのが英語、フランス語、ドイツ語などの語源ですが、フランス語の別名”ピ・サン・リ”のほうは「尿が近くなる(おねしょ)」という意味があります。

このことから分かるように、タンデライオンは利尿効果のあるハーブとされています。

日本では「道端に生えている花」という印象が強いのですが、欧米では「自然の薬局」と言われるほど有用なハーブのひとつです。

若葉はサラダやハーブティーとして利用します。また、根を乾燥させて煎じた「タンポポコーヒー」は、ノンカフェインコーヒーとして利用されます。

ただし、道端に生えているものは車の排気ガスや犬のおしっこが掛けられている可能性があるため、野原に生えているタンポポを利用した方が無難でしょう。

春には道端でも見かける

タンデライオン(たんぽぽ)写真日本国内のタンポポは、ニホンタンポポとセイヨウタンポポの勢力争ってます。

状況はやや複雑で、在来種(日本種)のカントウタンポポ、エゾタンポポ、シロバナタンポポなどに加えて、ヨーロッパ原産のショクヨウタンポポ、アカミタンポポの2種(両方一緒にしてセイヨウタンポポと呼ぶことが多い)が、宣教師やハーブ野菜として栽培していた農家から逃げ出し(帰化)、在来種を押しのけてしまいました。

しかし、最近になって都心などではニホンタンポポがだいぶ復活しています。

乳汁分泌の効果

たんぽぽの綿毛ヨーロッパでも東洋(漢方、民間薬)でもさまざまの薬効があるとして、全草(葉も花も一緒に)を健胃のほか、整腸、利尿、発汗解熱、強壮、胆汁分泌促進に用います。

とりわけ、根や葉茎を傷つけると白い乳状の粘液が出ることからか、東西ともに”催乳”や乳腺炎に有効としてきましたが、アメリカの学者の研究によると、実際に乳汁分泌の効果があると言われています。

ダンデライオン(タンポポ)の育て方

タンデライオン年間表

根を刻んで乾燥させ、タンポポコーヒーに

日当たりのよいところを好み、土質は選びません。

葉や花は必要なときに摘み、根は秋に掘りあげます。根は刻んで乾燥させ、炒ってタンポポコーヒーにします。

共生

クローバーやアルファルファと一緒に植えると、ミネラル分の多い肥沃な土を作ります。

果樹園では、果実が熟すのを早めます

関連記事

  1. タンジー Tansy ~ドライフラワーやポプリの材料に~
  2. ディル Dill ~北欧の魚料理に使われるハーブ~
  3. タイム Thyme ~肉料理の風味づけに最適~
  4. チコリ Chicory ~花や若葉はサラダに、根は飲み物に~
  5. チャイブ Chives ~ネギの仲間、薬味として料理に~
  6. タラゴン Tarragon ~肉、魚、卵、トマト料理の風味付けに…
  7. チャービル Chervil ~魚や肉料理などの風味付けに~
5 1 vote
記事の評価レート
通知
更新通知を受け取る »
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments

ハーブの不思議な話

おすすめ記事

【ハーブ7選】初心者でも育てられるハーブをランキングで紹介

育てやすいハーブとは「ハーブを育てる」と聞くと、なんだか丁寧に育てないといけないような印象を抱き…

カモミール Chamomile ~甘いリンゴの香り、抗アレルギー~

【学 名】Matricaria necutita、Chamaemel…

ハーブと野菜を一緒に植えるコンパニオンプランツ

コンパニオンプランツとは ハーブを単独で楽しむのはもちろんなのですが、ハーブ類と野菜類をうまく組…

ハーブとは何か

ハーブとは何か地球上の、山や森、野の草、緑の芝生、花壇の草花、熱帯雨林にある植物……。 いっ…

アロマテラピーのメカニズム

精油が心身に作用する経路アロマテラピーで精油(エッセンシャルオイル)を利用すれば、私たちはリ…

人気記事

  1. 【ハーブ図鑑】ハーブの名前や種類、育て方、効果・効能
  2. 精油(エッセンシャルオイル)の抽出方法
  3. 用途別 ハーブ効能一覧

記事ランキング

カテゴリー

おすすめ記事

  1. ハーブの定義
PAGE TOP
0
質問やコメントをどうぞ!x