アンゼリカ Angelica ~リキュールの重要な香料の1つ~

利用部分葉花茎根種
利用法ハーブティー料理美容健康アロマテラピー
【学 名】Angelica archangelica
【分 類】セリ科・シシウド属
【別 名】エンジェルズプラント
【種 類】二~多年草
【草 丈】2m
【原産地】北/南ヨーロッパ・西アジア
【精油成分】フランドレン、アンゲリシン
  • アンゼリカ1
  • アンゼリカ2
  • アンゼリカ3

アンゼリカの特徴

名前の由来は、大天使(アークエンジェル)ミカエル

アンゼリカ 写真アンゼリカの名前の由来は、大天使(アークエンジェル)ミカエルの記念祭の日のころに花を咲かせるところから来ています。

大天使ミカエルは、悪と戦う守護天使としての役割を持ちます。

開花期には茎が伸びて2mくらいになります。葉は3出羽状複葉で、裂片は卵円形で鋸歯があり、根生葉は大きく50cm以上になります。

花は淡緑色で、複散形花序に半球状につきます。

根の精油にフランドレン、アンゲリシンを含んでいて、ヨーロッパでは根茎を鎮静、鎮痛薬として不眠症やヒステリーに使われてきました。

リキュールやケーキに

アンゼリカ 写真リキュールの重要な香料の1つであるほか、ケーキの上に乗っている緑色、ゼリー状のものもアンジェリカといいます

日本ではアキタブキを使っていますが、もとはアンゼリカの葉柄を砂糖漬けにしたもので、ヨーロッパではこれを使っています。

アンゼリカの育て方

アンゼリカ年間表

冷涼地の植物で、半日陰の場所が適している

アンゼリカは新しい種子をまくと発芽するのですが、発芽率が悪いので、あまり見かけません。

冷涼地の植物で半日陰の場所が適しており、株ぎわはワラなどで覆っておきます。

関連記事

  1. エリキャンペーン Elecampane ~ヒマワリを思わせるハー…
  2. アニスヒソップ Anise Hyssop ~ミツバチを呼ぶ蜜源植…
  3. オリーブ Olive ~オリーブオイルの原料、イタリア料理に~
  4. エルダー Elder ~染料から食用まで、全草を使います~
  5. アルカネット Alkanet ~青い小花は観賞用、葉はポプリに~…
  6. アロマティカス Aromaticus ~香りのする多肉植物ハーブ…
  7. イタリアンパセリ Italian Parsley ~料理でおなじ…
  8. エキナセア Echinacea ~抗ウイルス作用で注目を浴びる~…
5 1 vote
記事の評価レート
通知
更新通知を受け取る »
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments

ハーブの不思議な話

おすすめ記事

【ハーブ7選】初心者でも育てられるハーブをランキングで紹介

育てやすいハーブとは「ハーブを育てる」と聞くと、なんだか丁寧に育てないといけないような印象を抱き…

カモミール Chamomile ~甘いリンゴの香り、抗アレルギー~

【学 名】Matricaria necutita、Chamaemel…

ハーブと野菜を一緒に植えるコンパニオンプランツ

コンパニオンプランツとは ハーブを単独で楽しむのはもちろんなのですが、ハーブ類と野菜類をうまく組…

ハーブとは何か

ハーブとは何か地球上の、山や森、野の草、緑の芝生、花壇の草花、熱帯雨林にある植物……。 いっ…

アロマテラピーのメカニズム

精油が心身に作用する経路アロマテラピーで精油(エッセンシャルオイル)を利用すれば、私たちはリ…

人気記事

  1. 【ハーブ図鑑】ハーブの名前や種類、育て方、効果・効能
  2. 精油(エッセンシャルオイル)の抽出方法
  3. (公社) 日本アロマ環境協会アロマテラピー検定

記事ランキング

カテゴリー

おすすめ記事

  1. ハーブの植え付け
  2. ご注意・免責事項
PAGE TOP
0
質問やコメントをどうぞ!x