MENU

キャットニップ Catnip ~猫が好む香りを持つハーブ~

【学 名】 Nepeta cataria
【分 類】 シソ科イヌハッカ属
【別 名】 イヌハッカ、チクマハッカ
【種 類】 多年草
【草 丈】 30cm~100cm
【原産地】 ヨーロッパ・南西アジア
  • キャットニップ1
  • キャットニップ2
  • キャットニップ3

利用部分 葉 花 茎
利用法 ハーブティー 料理 美容健康 染料

キャットニップ投稿写真 →写真投稿はこちら

■ キャットニップの特徴


◇猫が酔っ払うハーブ
キャットニップ写真 キャットニップ学名であるNepetaは、古代ローマの町の名ナペティ(napeti)に由来します。当時、キャットニップは貴重な植物でこの街の特産品でした。

日本に帰化したものが長野県筑摩郡で発見されたことから、和名はチクマハッカと呼ばれています。

キャットニップは猫が好む香りを持つハーブで、たいていの猫は陶酔状態になります葉を入れたねずみのぬいぐるみは、猫のおもちゃになります

葉は粗い鋸歯状の卵形で、葉、茎ともに軟毛に覆われていて、全草に強い香りがあります。

茎の先端に小さな白色や淡い藤色の花をたくさん咲かせます。


◇眠気を誘う
キャットニップ写真葉っぱの部分をスープに使ったり、サラダなどのソースの香りづけとして使います。

眠気を誘ってくれ、風邪、胃腸障害、発汗、精神安定、頭痛、湿布薬、消化促進などに効果があります。強い発汗作用もあり、風邪の発熱時に効果があります。

ただし、 妊娠中、授乳中の方は飲まないで下さい

■ キャットニップの育て方


キャットニップ年間表

○大きくなるので、一株でも十分
湿った土を好み、種まきは春か秋、一度植えると年々こぼれ種からよく生えます。草丈もあって大きくなるので、キャットニップの配置場所はよく考えましょう。

ブルーキャットミントと言われる、シルバーグリーンの細かな葉と紫色の小花をたくさん付けるものは、Nepeta mussinii、または交配種のNepeta×faasseniiです。花期も長く切り戻せばもう一度咲きますし、小型なので花壇の縁取りに最適です。

他にも、レモンの香りがするレモン・キャットニップや葉が美しいシルバーリーフがあります。


☆鳥害、アブラムシ、甲虫類対策に
キャットニップをイチゴの周りに植えると、鳥害を防ぎます

また、アブラムシや甲虫類の被害を減らしたりミツバチを呼ぶので、野菜の間に植えてコンパニオンプランツとしても利用できます。


☆キャットニップと猫
キャットニップと猫キャットニップには、猫を引き付けるネペタラクトンという物質が含まれていて、ネコ科の動物がほとんど反応します。

キャットニップを嗅いだ猫がとる行動で一番多いのは寝転がることで、これは発情期のメス猫が寝転がるのに似ています。しかし、キャットニップの場合はオス猫でも寝転ぶほか、避妊・去勢された猫でも反応します。

この時の反応は様々で、よだれを垂らす猫やハイテンションになる猫もいます。反応する時間は比較的短く5~15分程度、それから少なくとも30分ほど経たないとまた反応することはありません

このことから、興奮剤のようでも、媚薬のようでも、弛緩剤のようでも、幻覚剤のようでもあると言えるでしょう。

面白いことに、キャットニップに対する反応は遺伝によるもので、3匹に1匹はキャットニップに反応しません。子猫も全く反応しないので、反応するかしないかは性的成熟度も関係しているようです。

なお、1回のキャットニップの効果は短時間しか続かないうえ、何度も使うと効果が薄れるので、ここぞという時だけ使うようにすると良いでしょう。

また、猫の多頭飼いでキャットニップを試すのはやや注意。なぜなら、猫によっては乱暴になってほかの猫をいじめたり、おもちゃの奪い合いが激しくなったりするからです。全猫一緒にではなく、まずは1匹ずつ試してみてください。


☆ペットの猫にキャットニップを与えてみた
試しに、うちで飼っている猫のみゅーみゅーに与えてみたのですが、普段と目つきが変わり勢いよく飛びついてきたため、5~6箇所引っかかれてしまいました。よだれをたらし鼻息が荒くなる感じで、しばらくすると元に戻ったのですが、普段おとなしい猫が猛獣のような感じになります。

よくマンガで、猫に引っかかれて赤くなるシーンがあったりしますが、実際に引っかかれると赤みが何日も取れないです。引っかかれたあと即座に消毒しても消えるまで数日かかるため、普段仕事をしている場合は他人から見ると痛々しい傷がかなり見苦しいため、注意してキャットニップを与えてください。

閲覧注意なのでこのページには載せられませんが、「猫 引っかかれた傷」で画像検索すると比較的軽目の傷(とはいえ閲覧注意)が出てきます。しかし、この傷がどうやっても1~2日程度では消えませんから、要注意です。

猫とキャットニップ

一言コメントをどうぞ!(全角100字まで)
一緒に読まれている記事

 ハーブの種類

 ハーブ一覧

無料壁紙カレンダー作成

ハーブSNS

ハーブレシピクッキング

アロマテラピー検定

ハーブ資料

利用法別ハーブの効能一覧

ハーブ香りの効能一覧

ハーブバス効能一覧

ハーブ精油 香りの強さ一覧

精油の7分類・香りのタイプとノート

アロマテラピー検定2級 全300問

アロマテラピー検定1級 全330問



アクセスカウンター