MENU

ディル Dill ~北欧の魚料理に使われるハーブ~

【学 名】  Anethum graveolens
【分 類】  セリ科・イノンド属
【別 名】  イノンド
【種 類】  一年草
【草 丈】  60cm~100cm
【原産地】  地中海沿岸・西アジア
【精油成分】  カルボン、リモネン
  • ディル1
  • ディル2
  • ディル3

利用部分 葉 花 種
利用法 ハーブティー 料理 美容健康 混植

ディル投稿写真 →写真投稿はこちら

■ ディルの特徴


◇しゃっくりを止める効果
ディル写真ディルの語源は、古代のスカンジナビア語で「鎮める」という意味の「dilla」が由来です。

古代エジプトから薬用に使われたハーブで、ギリシア人はディルにしゃっくりを止める効果があることを知っていたそうです。

ディルはフェンネルと似ていて見分けがつきにくいですが、草丈が60~100cmとフェンネルより低く、糸のように細かい切れ込みの入った葉は、フェンネルに比べるとさらにきめ細かい印象。 また、多年草のフェンネルに対しディルは1年草です。

同じ小さな密集した黄色い花が、傘というより直径20cmほどの平たいまとまりになってつき、卵形の平たい種子が実ります。

ディル写真「禍害なるかな、偽善なる学者、パリサイ人よ、汝らはミント、ディル、クミンで10分1税として納めて、律法の中にても重き公平とあわれみ忠信とを等閑にす」(マタイ伝第23章23)

聖書のこの記述から、これらのハーブが税金の代用として重んじられていたことがよくわかります。

中世では、聖ヨハネ前夜祭に黒魔術の魔よけとして盛んに用いられていました。また、北アメリカへの初期の移住者は、長い説教を聴くときにこのハーブの種子をもらってかむのが習慣でした。


◇北欧の魚料理によく利用される
ディルとサーモンディルは、フェンネルよりやや甘さが少なく、強めの枝や生の葉は魚料理や肉料理、サラダやオイル、ビネガーなどに使うと風味が良くなります。葉や開花前の蕾は肉、魚、卵料理やスープ、ポテトサラダなどに、若い葉はバターやクリームチーズに練りこみ種子や花は、ピクルスやビネガー、オイルに漬け込みます。

ディルの果実を乾燥させたものがディル・シーズで、精油成分はカルボン、リモネンです。古くから薬として用いてこられたもので、芳香、駆風薬とされました。

ディル写真鎮静作用があり、むずかる赤ちゃんにこの液汁を飲ませました。乾燥させた葉やシーズを枕に入れると安眠が得られると言われています。

■ ディルの育て方


ディル年間表

○果実(シーズ)は湿らさないようにして保存する
植え替えを嫌うので、種を春か秋に直播するか株間を30cmほどとって植え付けます。種まきは、秋まきの9月~10月がおすすめディルは耐寒性があり、春に花が咲くまで長く収穫を楽しめるからです。発芽後、生育に従って間引きして株間を空けていきます。

3月から4月の春まきの場合は、生長は早いのですが初夏にはとう立ちして花が咲いてしまうため、秋まきに比べ楽しめる期間が短めになります。

花が咲き終わって種を収穫するときは、ディルの果実が黄褐色になりかけた房をそのつど切り取るか、様子を見て、株を引き抜き、風通しのよいところに吊るしておきます。

乾燥後、花や葉、未熟果と果実(シーズ)を分けて、湿らさないようにして保存してください。

一言コメントをどうぞ!(全角100字まで)
一緒に読まれている記事
【投票】ハーブに関すること

 ハーブの種類

 ハーブ一覧

PAGE TOP↑