ソレル Sorrel ~スイバ、レモンのように酸味が強い~

利用部分葉茎
利用法料理美容健康染料
【学 名】Rumex acetosa
【分 類】タデ科・ギシギシ属
【別 名】スイバ(酸い葉)、リトルヴィ、ネガープラント
【種 類】多年草
【草 丈】50~120cm
【原産地】ヨーロッパ・アジア
  • ソレル1
  • ソレル2
  • ソレル3

ソレルの特徴

銀器の汚れを取るのに利用

ソレル写真和名の”スイバ”は「酸い葉”の意味で、レモンのように酸味が強いのが特徴です。

茎や葉に蓚酸を含んでいるため、多量に摂取すると尿道結石の原因になるとも言われ、食べ過ぎないように注意します

また、鉄製の包丁を使うと酸性が強いため錆びてしまうので気を付けましょう。

しかしこの性質は、リネンや銀器の汚れを取るのに利用することができます。

ソレルは雌雄異株の多年草で、地下茎はやや肥厚して短く、根は分岐して黄色をしています。

ソレル写真春から初夏にかけて茎の先が分枝して円錐花穂となり、淡緑あるいは緑紫色で有柄の小花を花軸のまわりに多数輪生します。

野生のソレルをそのまま摘んで葉野菜して利用しますが、フランスでは特に愛されていて、葉が大きく柔らかな優良品種が作られています。

民間では、根をすりおろしたものや葉の絞り汁は、なまずやひぜん、しらくも、はたけなどの皮膚病の薬としていますし、リウマチや扁桃腺炎にも効果があるとも伝えられています。

ソレルの育て方

ソレル年間表

肥料を激しく吸収するので、他のハーブ類とは離す

株分けで容易に増やせますが、飛んだ種子からでも生えてくるほどですから、種子からも育てられます

また、根茎を掘り取って4~7cmぐらいに切り取り根伏せもできます。

近縁のイタドリやギシギシとともにやや湿った土を好みますが、生育が旺盛で肥料も激しく吸収しますので、ほかのハーブ類とは少し離して植えた方がよいでしょう。

関連記事

  1. シソ(紫蘇) Shiso ~料理の薬味で使っている、日本のハーブ…
  2. サラダバーネット Salad Burnet ~全草からキュウリの…
  3. サントリナ Santolina ~防虫効果でポプリに最適~
  4. サフラワー Safflower ~鮮やかな染料に~
  5. センテッドゼラニウム Geraniumu ~バラの芳香をデザート…
  6. サンフラワー San Flower ~夏に咲くひまわりもハーブの…
  7. サンショウ(山椒) Japanese pepper ~薬味として…
  8. セージ Seiji ~とても丈夫なヘルシーハーブ~
5 1 vote
記事の評価レート
通知
更新通知を受け取る »
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments

ハーブの不思議な話

おすすめ記事

【ハーブ7選】初心者でも育てられるハーブをランキングで紹介

育てやすいハーブとは「ハーブを育てる」と聞くと、なんだか丁寧に育てないといけないような印象を抱き…

カモミール Chamomile ~甘いリンゴの香り、抗アレルギー~

【学 名】Matricaria necutita、Chamaemel…

ハーブと野菜を一緒に植えるコンパニオンプランツ

コンパニオンプランツとは ハーブを単独で楽しむのはもちろんなのですが、ハーブ類と野菜類をうまく組…

ハーブとは何か

ハーブとは何か地球上の、山や森、野の草、緑の芝生、花壇の草花、熱帯雨林にある植物……。 いっ…

アロマテラピーのメカニズム

精油が心身に作用する経路アロマテラピーで精油(エッセンシャルオイル)を利用すれば、私たちはリ…

人気記事

  1. 【ハーブ図鑑】ハーブの名前や種類、育て方、効果・効能
  2. 用途別 ハーブ効能一覧
  3. 精油(エッセンシャルオイル)の抽出方法

記事ランキング

カテゴリー

おすすめ記事

  1. ポプリとその歴史
PAGE TOP
0
質問やコメントをどうぞ!x