タラゴン Tarragon ~肉、魚、卵、トマト料理の風味付けに~

利用部分葉茎
利用法料理美容健康アロマテラピー
【学 名】Artemisia dracunculus
【分 類】キク科・ヨモギ属
【別 名】エストラゴン
【種 類】多年草
【草 丈】50~100cm
【原産地】シベリア・北アメリカ・南ヨーロッパ
  • タラゴン1
  • タラゴン2
  • タラゴン3

タラゴンの特徴

小さいドラゴン

タラゴンという名前は、「小さいドラゴン」という意味のフランス語のエストラゴン、ラテン語のドラクンクルス(dracunculus)からで、その由来は、細い葉がドラゴンの牙に似ていることや、根が蛇のような形をしているなどから来ています。

タラゴンにはフレンチタラゴンとロシアンタラゴンと呼ばれる2種類があり、普通にハーブとして使われているのはフレンチタラゴンの方です。

両者ともにシベリア原産で、フレンチタラゴンの茎は30~50cm、ロシアンタラゴンは50~80cmあるいはそれ以上になります。

シャープな香味のフレンチタラゴンに対して、ロシアンタラゴンはおとなしく素朴な草っぽい香味を持っています。

肉、魚、卵、トマト料理の風味付けに

13世紀のアラビアの本草学者イブン・アル・バイタルの著書には口臭を消し、不眠症を治し、薬を飲む前にこれを飲めば苦い薬も飲みやすくなる、と記してあります。

動物にかまれたときの解毒剤になるとされていましたが、現代ではもっぱら料理用です。

肉、魚、卵、トマト料理の風味付けに利用したり、バター、ビネガー、オイルなどに混ぜたり漬けたりします。食欲増進、健胃、強壮の効果があります。

タラゴンの育て方

タラゴン年間表

花が咲かず種ができない”不稔性”植物

フレンチタラゴンは暑さが苦手で、花が咲かず種ができない”不稔性”植物なので、購入した苗を植えるか、挿し木、あるいは春に株分けや地下茎で増やすしかありません

ロシアンタラゴンは種ができてよく育ち、大きく茂るという長所を持っています(まきどきは春から秋)。

両者ともに寒さにとても強く丈夫で、水はけのよい土であれば、明るい日陰でもよく育ちます。水やりや肥料は控えめに、乾燥気味に管理していきます。

株が古くなると香りが薄れてくるので、1~2年に1回株分けで株を更新するとよいでしょう。

関連記事

  1. チコリ Chicory ~花や若葉はサラダに、根は飲み物に~
  2. ダンデライオン Dandelion ~ヘルシーなタンポポコーヒー…
  3. タンジー Tansy ~ドライフラワーやポプリの材料に~
  4. チャービル Chervil ~魚や肉料理などの風味付けに~
  5. タイム Thyme ~肉料理の風味づけに最適~
  6. ディル Dill ~北欧の魚料理に使われるハーブ~
  7. チャイブ Chives ~ネギの仲間、薬味として料理に~
5 2 votes
記事の評価レート
通知
更新通知を受け取る »
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments

ハーブの不思議な話

おすすめ記事

【ハーブ7選】初心者でも育てられるハーブをランキングで紹介

育てやすいハーブとは「ハーブを育てる」と聞くと、なんだか丁寧に育てないといけないような印象を抱き…

カモミール Chamomile ~甘いリンゴの香り、抗アレルギー~

【学 名】Matricaria necutita、Chamaemel…

ハーブと野菜を一緒に植えるコンパニオンプランツ

コンパニオンプランツとは ハーブを単独で楽しむのはもちろんなのですが、ハーブ類と野菜類をうまく組…

ハーブとは何か

ハーブとは何か地球上の、山や森、野の草、緑の芝生、花壇の草花、熱帯雨林にある植物……。 いっ…

アロマテラピーのメカニズム

精油が心身に作用する経路アロマテラピーで精油(エッセンシャルオイル)を利用すれば、私たちはリ…

人気記事

  1. 用途別 ハーブ効能一覧
  2. 【ハーブ図鑑】ハーブの名前や種類、育て方、効果・効能
  3. 精油(エッセンシャルオイル)の抽出方法

記事ランキング

カテゴリー

おすすめ記事

PAGE TOP
0
質問やコメントをどうぞ!x