MENU

チャイブ Chives ~ネギの仲間、薬味として料理に~

【学 名】  Allium schoenoprasum
【分 類】  ユリ科ネギ属
【別 名】  エゾネギ
【種 類】  多年草
【草 丈】  20cm~30cm
【原産地】  ヨーロッパ・アメリカ
  • チャイブ1
  • チャイブ2
  • チャイブ3

利用部分 葉 花  
利用法 料理 混植

チャイブ投稿写真 →写真投稿はこちら

■ チャイブの特徴


◇ネギの一種でかすかなオニオンの香り
チャイブの花チャイブアリウムというネギ類の一種で、ニンニクやニラ、エシャロットも同じ仲間です。チャイブスと複数形でも呼ばれるように、硬くて白く細長い鱗茎がよく分球して増えていきます。

円筒形で中が中空のアサツキよりも細い葉で、かすかなオニオンの香りがあります。細く伸びた華茎の先に、小さなピンクの花を球状に密集して咲かせます

チャイブとアサツキは、どちらもネギの仲間で種レベルで同じではあるのですが、アサツキは夏に休眠し、冬も軽い休眠期間があります。チャイブは西洋、アサツキは日本原産のチャイブの変種なので東洋、といった感じです。

チャイブ 写真生葉は、必要な時にいつでも切って薬味のような感じで料理に使い、球茎はピクルスにします。

チャイブは、ヨーロッパでは古くから家庭で栽培されてきたハーブの一つで、”チャイブなしのポテトサラダには魂がない”と言う人もいるそうです。


◇消化促進の効果
チャイブの花花はサラダに散らしたり、ビネガーに漬け込みます

葉はサラダ、スープ、バターチーズなどの風味付けや、肉、魚、卵料理の香味として利用します。

消化促進の効果があります。

■ チャイブの育て方


チャイブ年間表

○本格的な収穫は2年目以降
日当たりが良く、水持ちと水はけのよい肥沃な場所を好みます。肥料が不足すると葉の先が黄色くなってしまうので、月に1回追肥して肥料を切らさないようにしてください。1年目は間引く程度に摘み、本格的な収穫は2年目以降に行います。

繁殖は、種子か株分けをします。春か秋に種をまいて、発芽した苗が10㎝くらいになったときに5、6本ずつまとめて培養土を入れたビニールポットなどに植え替えると、根のまわった丈夫な苗ができます。

株分けは晩秋、葉が黄色くなったころに株を掘り起こして、葉は5、6cmを残して切り取り、長く伸びた根も一緒に切り詰めます。これをスコップかハサミで割り、定植します。

高温と乾燥に弱いので、夏は寒冷紗をかけるなどして日よけしたり、直射日光の当たらない明るい日陰で管理するようにします。また、酸性の土を嫌うので、鉢植え、路地ば絵いずれの場合にもあらかじめ土壌に石灰を混入して中和しておきます。

花を付けると葉が固くなるので、柔らかい葉を長く収穫したい時は蕾のうちに切り取ると良いです。

鉢やプランターに植えれば室内でも管理ができ、冬の間も葉を利用することができます。露地植えは、関東以西であれば屋外で越冬できますが、霜の降りるころから地上部は枯れて休眠します。

○2年目以降の管理
春から初夏に草丈が20センチ前後になったら、天気の良い日に根元から2~3センチのところで丸ごと刈り取って収穫します。

刈り取った後は肥料を追肥しておくと新芽が伸び、再び収穫できるようになります。2年目のチャイブは、花が咲きます。かわいいピンクの花で食べられるのですが、花を咲かせると葉が硬くなってしまうので、つぼみが出てきたら摘蕾するようにしましょう。

☆共生
バラのそばに植えると黒点病を防ぎりんごの木の下に植えると、カイガラ虫を防ぎます
また、ニンジン、トマトなどのアブラムシを防いだり、うどん粉病を防ぐ効果もあります。

ハーブ掲示板

一緒に読まれている記事

 ハーブの種類

 ハーブ一覧

無料壁紙カレンダー作成

ハーブSNS

ハーブレシピクッキング

アロマテラピー検定

ハーブ資料

利用法別ハーブの効能一覧

ハーブ香りの効能一覧

ハーブバス効能一覧

ハーブ精油 香りの強さ一覧

精油の7分類・香りのタイプとノート

アロマテラピー検定2級 全300問

アロマテラピー検定1級 全330問



アクセスカウンター