ニゲラ Nigella ~美しい花と種の芳香~

利用部分葉花茎種
利用法美容健康
【学 名】Nigella damascena
【分 類】キンボウゲ科・クロタネソウ属
【別 名】ラブインナミスト・クロタネソウ
【種 類】一年草
【草 丈】30~50cm
【原産地】地中海沿岸・南西アジア
  • ニゲラ1
  • ニゲラ2
  • ニゲラ3

ニゲラの特徴

青く美しい花姿のハーブ

ニゲラ写真ニゲラは、またの名を「ラブインナミスト=霧にひそむ愛」と言います。これは、針のように細い羽状葉の間から見える花がちょうど霧に霞んでいるように見えるためです。

また、果実は先端にツノ状の突起があることから「デビル・イン・ア・ブッシュ=茂みの中の悪魔」と呼ばれることもあります。

「クロタネソウ」という和名が付いているのは、成熟した種子が黒色でその種の香りがすばらしいからでしょう。つぶすとフルーツの香りがして、これから香料をとることがあります。

なお、ニゲラはラテン語の「黒」に由来しています。
ニゲラ写真ニゲラの花の色には、青色、ピンク色、白色とがあります。

もともとは芳香のある種をスパイスのように使うのが目的でしたが、その美しい花姿から園芸的にも最適なハーブです。


香りのよい種子

ニゲラの種は古くから使われており、香りのよい種子は乳の分泌をよくすると言われてきました。

花後、2cmほどの球形の果実ができ、中からはゴマのような黒色の種子が取れます。

ニゲラの種にはピリッとした味があり、ペッパーの代用にされたりパンやケーキにふりかけたりします。種を指先で潰すとよい香りが漂います。

ニゲラの育て方

ニゲラ年間表

種は嫌光性なので覆土をやや厚めに

春に種子を直まきして育てますが、嫌光性のため覆土はやや厚めにします。苗は日当たりを好むため、日光が十分に当たり水はけが良く乾燥気味の土で育てます。

ニゲラは、切り花やブーケなどにもよく利用されていて、ドライフラワー用には花が咲いた時と実を結んだ時に刈り取ります。

種は、熟した時に果実から収穫します。

関連記事

  1. ナスタチウム Nasturtium ~花や葉はサラダにどうぞ~
4.7 3 votes
記事の評価レート
通知
更新通知を受け取る »
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments

ハーブの不思議な話

おすすめ記事

【ハーブ7選】初心者でも育てられるハーブをランキングで紹介

育てやすいハーブとは「ハーブを育てる」と聞くと、なんだか丁寧に育てないといけないような印象を抱き…

カモミール Chamomile ~甘いリンゴの香り、抗アレルギー~

【学 名】Matricaria necutita、Chamaemel…

ハーブと野菜を一緒に植えるコンパニオンプランツ

コンパニオンプランツとは ハーブを単独で楽しむのはもちろんなのですが、ハーブ類と野菜類をうまく組…

ハーブとは何か

ハーブとは何か地球上の、山や森、野の草、緑の芝生、花壇の草花、熱帯雨林にある植物……。 いっ…

アロマテラピーのメカニズム

精油が心身に作用する経路アロマテラピーで精油(エッセンシャルオイル)を利用すれば、私たちはリ…

人気記事

  1. 精油(エッセンシャルオイル)の抽出方法
  2. (公社) 日本アロマ環境協会アロマテラピー検定
  3. 【ハーブ図鑑】ハーブの名前や種類、育て方、効果・効能

記事ランキング

カテゴリー

おすすめ記事

  1. ハーブとは何か
PAGE TOP
0
質問やコメントをどうぞ!x