サンフラワー San Flower ~夏に咲くひまわりもハーブの仲間~

利用部分葉花種
利用法料理美容健康染料混植
【学 名】Helianthus annuus
【分 類】キク科・ヒマワリ属
【別 名】ひまわり・ニチリンソウ
【種 類】一年草
【草 丈】1~3m
【原産地】北アメリカ
  • サンフラワー1
  • サンフラワー2
  • サンフラワー3

サンフラワー(ひまわり)の特徴

代表的な夏の花

ひまわり写真サンフラワーとは「ひまわり」のことで、3,000年も前に、アメリカの先住民が栽培し始めました

また、15世紀のアステカ王国の女祭司たちは、サンフラワーの冠を頭に飾り花束を持ち、サンフラワーの模様をかたどった金のアクセサリーを身につけていました。

学名の「Helianthus annuus」は、ギリシャの太陽神ヘリオスに由来します。

ひまわりの高さは1~3メートルにもなり、細毛に覆われた太い茎に心臓形の大きな葉が互生します。

花は黄色で直径30cmの大きさになることもあり、花後に細長い種子をたくさん付けます。

ヒマワリ油が有名

ひまわり写真ひまわりと言えば種を搾って取るヒマワリ油が有名で、炒った種の中身をサラダやパンに使います。

また、花のつぼみをゆでて食します

サンフラワー(ひまわり)の育て方

サンフラワー年間表

真夏にぐんぐん育つ

サンフラワーはとても丈夫で育てやすい植物なのですが、十分な日当たりが欠かせません

草丈2m以上にもなるので、ほかの植物を日陰にしないように植え付け場所に気を付けたり、適宜支柱で支えてあげると良いでしょう。

暑い夏の時期にはぐんぐん育ちますが、台風などの強風には注意してください。

混植

トウモロコシと混植すると、風除けになります。ミツバチが集まる蜜源植物でもあります。

関連記事

  1. シソ(紫蘇) Shiso ~料理の薬味で使っている、日本のハーブ…
  2. ジャスミン Jasmine ~甘い香りを漂よわせる白い花~
  3. サンショウ(山椒) Japanese pepper ~薬味として…
  4. サラダバーネット Salad Burnet ~全草からキュウリの…
  5. セージ Seiji ~とても丈夫なヘルシーハーブ~
  6. サントリナ Santolina ~防虫効果でポプリに最適~
  7. ステビア Stevia ~砂糖の約300倍の甘さがあります~
  8. サフラン Saffron ~ハーブの中でもとりわけ高価~
5 1 vote
記事の評価レート
通知
更新通知を受け取る »
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments

ハーブの不思議な話

おすすめ記事

【ハーブ7選】初心者でも育てられるハーブをランキングで紹介

育てやすいハーブとは「ハーブを育てる」と聞くと、なんだか丁寧に育てないといけないような印象を抱き…

カモミール Chamomile ~甘いリンゴの香り、抗アレルギー~

【学 名】Matricaria necutita、Chamaemel…

ハーブと野菜を一緒に植えるコンパニオンプランツ

コンパニオンプランツとは ハーブを単独で楽しむのはもちろんなのですが、ハーブ類と野菜類をうまく組…

ハーブとは何か

ハーブとは何か地球上の、山や森、野の草、緑の芝生、花壇の草花、熱帯雨林にある植物……。 いっ…

アロマテラピーのメカニズム

精油が心身に作用する経路アロマテラピーで精油(エッセンシャルオイル)を利用すれば、私たちはリ…

人気記事

  1. 精油(エッセンシャルオイル)の抽出方法
  2. (公社) 日本アロマ環境協会アロマテラピー検定
  3. 用途別 ハーブ効能一覧

記事ランキング

カテゴリー

おすすめ記事

PAGE TOP
0
質問やコメントをどうぞ!x