アロマテラピー検定

 アロマ検定2級 練習問題

 アロマ検定2級 解答と解説

 アロマ検定1級 練習問題

 アロマ検定1級 解答と解説


新着レシピ

 
本日:
昨日:

アロマテラピー検定2級 練習問題 問21~40(解答)

問21~40 精油の基礎知識 (解答)

問21

自然の植物の濃度とは異なる。

問22

フランキンセンスはベースノート。

問23

「オイル/油」という字が付くが、油脂とは全く別の物質からできている。

問24

ごま油やベニバナ油は油脂である。

問25

果皮の芳香成分をとるには、圧搾法が適している。

問26

芳香物質は、成長するための栄養分とはならない。

問27

製造の際には、芳香成分を含んだ芳香蒸留水(フラワーウォーターまたはフローラルウォーター)ができる。

問28

冷浸法は常温の油脂に浸す方法。

問29

精油は植物の花、葉、果皮、樹皮、根、種子、樹脂などから抽出した芳香物質の集まりである。

問30

精油のもととなる植物の芳香物質は、油細胞と呼ばれる袋の中に蓄えられている。

問31

有機化合物と空気中の酸素が結合して酸化すると成分が変わる。

問32

自分ではなく他の植物の発芽や成長を抑制することがある。

問33

有機溶剤抽出法は、花から採れる微妙な精油の化学成分の抽出によく用いられる。

問34

レモンやオレンジスイートは、圧搾法で抽出される。

問35

自身ではなく、他の植物の成長阻害作用を持つ。

問36

③は誘引効果。

問37

①は保湿作用、②は鎮静作用、④は殺菌作用。

問38

圧搾法は、物理的に圧力を加えて絞り出す精油抽出方法。

問39

忌避は、寄せ付けないという意味。

問40

精油は有機化合物で、揮発性があるので空気中に放置すると蒸発していく。

⇒問題文

一緒に読まれている記事

PAGE TOP↑