【ハーブ図鑑】ハーブの名前や種類、育て方、効果・効能

70種類以上のハーブの種類や育て方、効果・効能を紹介しているハーブ図鑑です。カモミールやジャスミン、ラベンダーなどハーブティーで利用できるもの、コリアンダーやディル、ローズマリーのように料理に使えるハーブなど様々あります。

ハーブの種類

各ハーブの主な効果・効能

アロマ石鹸ハーブは、紀元前3500年ごろからエジプトやメソポタミア文明で利用されてきましたが、人類が植物と関わり育んできた知恵は、現代でも活かすことができます。

ちょっと風邪気味でのどが痛い時や疲れがたまった時、あるいは様々な料理でハーブを利用することで、私たちを多くの面からサポートしてくれます。

もちろん観賞用としてみても楽しいのですが、やはり自分で育てたハーブを利用した時の喜びに勝るものはないでしょう。

次に、ハーブの効果・効能等を紹介します。ただし、これらは一般的な情報でこれを保証するものではありません。当サイトの情報からハーブなどを選ばれる際は、必ず信頼できる文献を再度確認の上でご利用ください。

1.高血圧、糖尿病など、さまざまな疾患にかかっている人が使用する場合
2.妊娠中の方
3.食物アレルギー、アナフィラキシーショックなど予測しがたい反応が起きる場合
4.過度に使用した場合(常識的範囲を逸脱している場合)

使用後のトラブルに関して、当サイトは一切の責任を負いません。

また、効果については個人の体質に影響され、100%の効果を保証するものでもありませんのでご注意ください。

各ハーブの主な効果は、下記に太い赤字で記してあります。

ハーブの効果・効能一覧

ハーブ名主な効果
アーティチョーク食用
アニスヒソップ咳止め・疲労回復
アンゼリカ不眠症・ヒステリー
アロエ火傷湿疹・乾燥肌・皮膚のかゆみ
イタリアンパセリ食用
エキナセア抗ウイルス作用感染症・傷
エリキャンペーン胃腸・のどの痛み
エルダー発汗作用果実酒の材料
オリーブ料理
オレガノ殺菌・頭痛・歯痛・生理痛
カレープラント料理
カモミール抗炎症・アレルギー・整肌作用・婦人病・利尿作用・頭痛・不眠
キャラウェイ料理・健胃、駆風薬
クレソン貧血・去痰・浮腫・慢性疾患
クローバーレッド・虫さされ
コモンマロウ・胃炎・抗炎症・緩下作用・虫刺され
コリアンダー去痰・咳止め・調味料・共生
サラダバーネット利尿・消化促進・強壮
サフラワー生理痛生理不順・貧血・冷え性・更年期障害・紅花染料
サフラン沈静・鎮けい・通経・止血・芳香薬
サンショウ食用
サンフラワー食用
シソ食用・発汗(感冒)・利尿・鎮痛剤
ジャスミン・香料
ステビア甘味料
セージ強壮作用・消化促進・健胃整腸・殺菌・整肌作用・スキンケア
センテッドゼラニウム抗菌抗炎症・皮膚弾力回復利用
タイム防腐・殺菌・消化促進・強壮・去痰
タラゴン料理
タンデライオン健胃整腸利尿発汗解熱・強壮・胆汁分泌促進
チコリ食欲増進利尿・消炎・肝臓強壮・リューマチ・痛風
チャービル料理
チャイブ消化促進・他植物との共生作用
ディル鎮静作用・しゃっくり・駆風薬・芳香
ナスタチウム料理
ニゲラ料理
バジル消化促進・風邪・去痰・殺菌・精神疲労
ハーツイーズ咳止め去痰・利尿作用
ハイビスカス便通
ヒソップ去痰・リューマチ
フェンネル料理
ベルガモット健胃作用・駆風・去痰
ボリジうつ病・ 解熱・利尿薬
マリーゴールド整肌作用・抗炎症作用・解熱
ミント咳・去痰・かぜ・鎮痛効果・鎮静効果・冷却効果
ラベンダー不眠症・イライラ・ヒステリー・頭痛・抗炎症・デオドラント作用
レモンバームうつ病アレルギー・喘息・婦人病
レモンバーベナ鎮静作用・消化剤
ローズ整肌作用・殺菌・抗炎症
ローズヒップシミ、ソバカス・利尿作用
ローズマリー殺菌作用・酸化防止作用・デオドラント作用・脱毛・フケ防止・スキンケア

関連記事

  1. サントリナ Santolina ~防虫効果でポプリに最適~
  2. サンフラワー San Flower ~夏に咲くひまわりもハーブの…
  3. ヒソップ Hyssop ~脂肪や油の多い肉や魚料理に~
  4. ニゲラ Nigella ~美しい花と種の芳香~
  5. フェンネル Fennel ~果実(シーズ)を料理に使います~
  6. クレソン Watercress ~水辺に群生する水生植物です~
  7. レモンバーム Melissa ~育てやすく爽やかなレモンの香り~…
  8. チコリ Chicory ~花や若葉はサラダに、根は飲み物に~
4.7 9 votes
記事の評価レート
通知
更新通知を受け取る »
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments

ハーブの不思議な話

おすすめ記事

【ハーブ7選】初心者でも育てられるハーブをランキングで紹介

育てやすいハーブとは「ハーブを育てる」と聞くと、なんだか丁寧に育てないといけないような印象を抱き…

カモミール Chamomile ~甘いリンゴの香り、抗アレルギー~

【学 名】Matricaria necutita、Chamaemel…

ハーブと野菜を一緒に植えるコンパニオンプランツ

コンパニオンプランツとは ハーブを単独で楽しむのはもちろんなのですが、ハーブ類と野菜類をうまく組…

ハーブとは何か

ハーブとは何か地球上の、山や森、野の草、緑の芝生、花壇の草花、熱帯雨林にある植物……。 いっ…

アロマテラピーのメカニズム

精油が心身に作用する経路アロマテラピーで精油(エッセンシャルオイル)を利用すれば、私たちはリ…

人気記事

  1. 【ハーブ図鑑】ハーブの名前や種類、育て方、効果・効能
  2. 用途別 ハーブ効能一覧
  3. (公社) 日本アロマ環境協会アロマテラピー検定

記事ランキング

カテゴリー

おすすめ記事

PAGE TOP
0
質問やコメントをどうぞ!x