ルバーブ Rhubarb ~茎をお菓子に使います~

利用部分葉茎根
利用法料理美容健康染料
【学 名】Rheum rhabarbarum
【分 類】タデ科・ダイオウ属
【別 名】ショクヨウダイオウ・スィートラウンドリーブドドッグ
【種 類】多年草
【草 丈】60~80cm
【原産地】ヨーロッパ・アジア
  • ルバーブ1
  • ルバーブ2
  • ルバーブ3

ルバーブの特徴

茎をジャムや砂糖漬けに

ルバーブ写真ルバーブは根部の大きな肉質の多年草で、属名のレウムはルバーブのギリシア名Rhaに由来し、種小名は地名からきています。

葉は根茎から放射状に出て、長い円筒状の葉柄があり、葉身は円形に近く径20~30cm、葉縁は波状になります。初夏に花茎を出して、大きな円錐花序に多数のクリーム色の小花を付けます。

太い葉柄を、ジャムや砂糖漬けに加工して食用にします。多汁質でやや酸味のある葉柄を砂糖漬けにしてプリンやケーキに使ったり、ジャムにするとピンク色の整腸作用のあるジャムができます。

ただし、葉には有毒な成分が含まれていますので、口にしないように注意してください

確認

食用にするのはルバーブの葉柄のみ

ルバーブの育て方

ルバーブ年間表

土はアルカリ性に

発芽力が強い種子なので容易に芽が出ます。本葉が1~2枚出てきたら間引いて1本にし、本葉3~4枚のころ石灰をすき込んで弱アルカリ性にした土壌に植えつけます。

夏は腐葉土などでマルチングしながら乾燥を防ぎ、直射日光を避けるように日よけをして管理します。

関連記事

  1. セントジョーンズワート St. John’s wor…
  2. オリーブ Olive ~オリーブオイルの原料、イタリア料理に~
  3. エキナセア Echinacea ~抗ウイルス作用で注目を浴びる~…
  4. キャットニップ Catnip ~猫が好む香りを持つハーブ~
  5. ディル Dill ~北欧の魚料理に使われるハーブ~
  6. クローバーレッド Clover Red ~ミツバチの集まるクロー…
  7. チャイブ Chives ~ネギの仲間、薬味として料理に~
  8. ソープワート Soapwort ~石鹸やシャンプーの代わりに~
5 1 vote
記事の評価レート
通知
更新通知を受け取る »
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments

ハーブの不思議な話

おすすめ記事

【ハーブ7選】初心者でも育てられるハーブをランキングで紹介

育てやすいハーブとは「ハーブを育てる」と聞くと、なんだか丁寧に育てないといけないような印象を抱き…

カモミール Chamomile ~甘いリンゴの香り、抗アレルギー~

【学 名】Matricaria necutita、Chamaemel…

ハーブと野菜を一緒に植えるコンパニオンプランツ

コンパニオンプランツとは ハーブを単独で楽しむのはもちろんなのですが、ハーブ類と野菜類をうまく組…

ハーブとは何か

ハーブとは何か地球上の、山や森、野の草、緑の芝生、花壇の草花、熱帯雨林にある植物……。 いっ…

アロマテラピーのメカニズム

精油が心身に作用する経路アロマテラピーで精油(エッセンシャルオイル)を利用すれば、私たちはリ…

人気記事

  1. 精油(エッセンシャルオイル)の抽出方法
  2. 用途別 ハーブ効能一覧
  3. (公社) 日本アロマ環境協会アロマテラピー検定

記事ランキング

カテゴリー

おすすめ記事

PAGE TOP
0
質問やコメントをどうぞ!x