MENU

 アロマテラピー検定

 アロマ検定2級 練習問題

 アロマ検定2級 解答と解説

 アロマ検定1級 練習問題

 アロマ検定1級 解答と解説

 ハーブの種類

 ハーブ一覧

アロマテラピー検定2級 練習問題 問201~220(解答)

問201~220 アロマテラピー利用法(解答)

問201

半身浴や部分浴でも全身を温めることができる。

問202

キャンドル式芳香拡散器は、精油を暖めることによって拡散させる方法。

問203

手浴は肩やひじの血の流れをよくし、肩こりにも効く。

問204

浴槽にみぞおちまで浸かる程度の湯を張り、3滴以下の精油を落とす。

問205

精油を直接肌に付けてはいけない。

問206

肌に密着するため、温度・肌の反応・時間には十分注意し、 温湿布の場合は温かさがなくなったらすぐ外す。

問207

洗面器などに湯を張り、3滴以下の精油を落とす。

問208

部分浴法は、体の一部分だけを湯につけることにより、全身を温める作用がある。

問209

冷湿布法と温湿布法がある。

問210

沐浴法は、水・お湯・水蒸気・香料・煙を使い、体の一部または全身を清める方法です。 

問211

エッセンシャルオイルを鼻や肺から取り入れる方法。

問212

精油1~3滴は循環器(心臓)への負担が少なく、長時間の沐浴が可能で、全身が温まる。

問213

医療行為ではない。

問214

換気を適宜行うようにし、寝るときは必ず消す。

問215

吸入法は、精油をハンカチなどに1~2滴落とし、 香りの成分を吸い込む方法。

問216

精油は水には溶けない。塩やキャリアオイルと混ぜて使う。

問217

温度や湿度、光に注意する。

問218

現役を皮膚に塗ってはいけない。

問219

3歳以下の乳幼児は芳香浴法のみをおすすめ。

問220

ユーカリは集中力を高める香り。

⇒問題文

一言コメントをどうぞ!(全角100字まで)
一緒に読まれている記事
【投票】ハーブに関すること

PAGE TOP↑