MENU

 アロマテラピー検定

 アロマ検定2級 練習問題

 アロマ検定2級 解答と解説

 アロマ検定1級 練習問題

 アロマ検定1級 解答と解説


アロマテラピー検定2級 練習問題 問221~240(解答)

このエントリーをはてなブックマークに追加

問221~225 アロマテラピー利用法(解答)
問226~240 アロマテラピーの歴史(解答)

問221

①は温かいお湯、②、③は量が多すぎる。

問222

部分浴は一部分を温めることにより、全身を温める作用がある。

問223

①の半身浴法は、沐浴法である。

問224

②は蒸気吸入法。

問225

冷湿布は急性の炎症に行う。

問226

この頃エジプトでは、浸剤と薫香が主流だった。公衆衛生をかねて香りが一般市民に至るまで使われていたのは、皇帝ネロの時代。

問227

実験中に負った火傷に、ラベンダーの精油をつけたというエピソードがある。

問228

ルネ・モールス・ガットフォゼが「アロマテラピー」という言葉を作った。

問229

フランキンセンス=乳香、ミルラ=没薬。

問230

ジョン・ジェラードは「本草あるいは一般植物誌」。

問231

アリストテレスの弟子はテオフラトス。

問232

ガレノスはローマ時代のギリシアの医学者で、コールドクリーム製造法の創始者として有名。

問233

イブン・シーナはアラビアの医学者・哲学者で、『医学典範』や『治癒の書』を著した。

問234

ハンガリーウォーターはローズマリーが主体。

問235

アーユルベーダは約5千年前に、ヨガの行者が始めたと言われるインド伝承医学。

問236

ヒポクラテスの町、10世紀末、医師の国家免許。

問237

ジャン・バルネはフランスの軍医だった。

問238

ホリスティック・アロマテラピーやマッサージを中心に行うのはイギリスの特徴。

問239

コールドクリームはガレノス。

問240

新大陸への移住者が携帯し、薬草やハーブに関するものの他、占星術も含まれる。

⇒問題文

このエントリーをはてなブックマークに追加
一緒に読まれている記事

PAGE TOP↑