MENU

 アロマテラピー検定

 アロマ検定2級 練習問題

 アロマ検定2級 解答と解説

 アロマ検定1級 練習問題

 アロマ検定1級 解答と解説


アロマテラピー検定2級 練習問題 問161~180(解答)

このエントリーをはてなブックマークに追加

問161~170 精油のプロフィール(10種)(解答)
問171~180 安全のための注意(解答)

問161

ローズマリーの主な成分は、1,8シネオール、カンファー、ボルネオール、酢酸ボルニル。

問162

ローズマリーには、樟脳(しょうのう)やお茶に似た強い芳香と、やわらかなほろにがさがある。

問163

ローズマリーは集中力を高めリフレッシュさせたり、収れん作用がある。

問164

①は「ケルンの水」。

問165

ニックネームは「マリア様のバラ」。

問166

ローズマリー、ジュニパベリーともに発汗・利尿効果がある。

問167

ローズマリーは、「マリア様のバラ」と呼ばれて 魔よけや疫病から身を守ってくれる護符として 古くから人々に利用されている。

問168

ティートリーは、オーストラリアの先住民、アボリジニが傷薬として使っていた。

問169

ゼラニウムとクラリセージは、ホルモンのバランスを整える効果があると言われている。

問170

ペパーミントはリフレッシュ効果がある。

問171

熱に弱い樹脂加工のテーブルやオーディオ機器の上は避け、風の無い安定した場所に置く。

問172

精油の取り扱い方にはよく注意すること。

問173

光を遮断する遮光びんに入れて保存する。

問174

5-メトキシソラーレン=ベルガプテンには、光毒性がある。

問175

本人が嫌がらなくても3歳未満の乳幼児には使用しない。

問176

精油の過度の使い過ぎに注意する。

問177

3歳未満の子供は1滴、それ以上の子供の場合、大人50kgの体重として25kgなら2分の1か、それ以下という目安で使う。

問178

点眼、内服は厳禁。③基準の1/2以下で使う。

問179

化学合成に合成されたものとは別にして使用する。

問180

⇒問題文

このエントリーをはてなブックマークに追加
一緒に読まれている記事

PAGE TOP↑