アロマテラピー検定

 アロマ検定2級 練習問題

 アロマ検定2級 解答と解説

 アロマ検定1級 練習問題

 アロマ検定1級 解答と解説


新着レシピ

 

本日:
昨日:
現在の訪問者数:現在

アロマテラピー検定1級 練習問題 問301~320(解答)

問301~320 アロマテラピー利用法と基材 (解答)

問301

どれも精油を薄めることができるが、消毒できるのはアルコールだけ。

問302

ミツバチが巣作りで分泌するワックス。ロウに分類され、油脂ではない。

問303

クレイは、カオリンやモンモリロナイトなどの粉末粘土の総称で、フェイシャルパックに使うことができる。

問304

オレイン酸、パルミトレイン酸を含むのは、マカダミアナッツオイル。

問305

重曹は炭酸水素ナトリウムのことで、別名重炭酸ソーダ。

問306

肌が再生する周期は約4週間周期(28日周期)。

問307

表皮の水分量が10%を以下になると、肌は荒れやすくなる。

問308

重曹をお風呂に入れると、血行を促進したり皮膚をなめらかにしてくれる。

問309

フェイシャルパックとして使うと、汚れを吸着したり、血行を良くして代謝を促進させたり、古い角質を取り除くといった様々な働きをしてくれる。

問310

塩を入れてバスソルトとしても利用される。

問311

スイートアーモンドオイルはバラ科で、脂肪酸とグリセリンが結合した植物油に分類される。

問312

ホホバオイルは、10℃前後で凝固する性質がある。

問313

マカダミアナッツオイルは、乾燥肌や老化が気になりだした肌に効果的なオイル。

問314

必ずバッチテストを行ってから使う。

問315

①冷湿布、③原液を塗ってはいけない、④長時間吸入しない。

問316

マグカップ吸入は3滴まで。

問317

ローズマリーは集中力を高める。他はすべてリラックス効果。

問318

20ml×0.5%=0.1ml 0.1ml÷1滴0.05ml=2滴。

問319

1滴0.05ml×2=0.1ml 0.1ml÷1%=10ml。

問320

温めて血行をよくし、緊張をほぐす温湿布法が適している。

⇒問題文

一緒に読まれている記事

PAGE TOP↑