MENU

 アロマテラピー検定

 アロマ検定2級 練習問題

 アロマ検定2級 解答と解説

 アロマ検定1級 練習問題

 アロマ検定1級 解答と解説


アロマテラピー検定1級 練習問題 問181~200(解答)

このエントリーをはてなブックマークに追加

問181~200 精油のプロフィール(31種) (解答)

問181

ジャスミンの花から揮発性有機溶剤抽出法で抽出する。

問182

ジャスミンの主な産地は、アルジェリアが有名。

問183

16世紀中ごろから香料原料として大規模に栽培されている。

問184

どちらも揮発性有機溶剤抽出法。

問185

スイートマジョラムは、シソ科の1年草。

問186

スイートマジョラムの葉から水蒸気蒸留法で抽出する。

問187

鎮痛や鎮静、血圧降下の作用がある。

問188

ジャスミンはモクセイ科、ジェニパーはヒノキ科、グレープフルーツはミカン科。

問189

血管を広げて、血圧を下げる働きがある。

問190

ネロリはミカン科で白い花を付ける高さ5mほどの常緑樹。

問191

ネロリの花1kgから約1gの精油が得られる。

問192

柑橘系だがフランスが入ってくるのが特徴。

問193

レモンとベルガモットは圧搾法、ジャスミンは揮発性有機溶剤抽出法、

問194

特徴成分はネロリドール。

問195

ビターオレンジの果皮ではなく、白い花から抽出される。

問196

パチュリはシソ科の1年草。

問197

パチュリの乾燥葉から、水蒸気蒸留法で抽出する。

問198

葉からとれるパチュリアルコールが特徴成分。

問199

パチュリの精油には鎮静効果があり、感情のバランスを整えイライラによる過剰な食欲を抑制する。

問200

③は揮発性有機溶剤抽出法。

⇒問題文

このエントリーをはてなブックマークに追加
一緒に読まれている記事

PAGE TOP↑