このエントリーをはてなブックマークに追加

ハーブ(Herb)の語源は、ラテン語で草を意味するHerba(ヘルバ)に由来しています。

Herbの定義については、「香草」や「お茶にできる植物」などとあまり定まっていませんが、一言で言うと、「人間の暮らしに役立つ自生植物」ということになります(人間が手をかけて栽培したものは「野菜」になりました)。日本には1969年(昭和44年)にドイツから始めて輸入され、そのころは「フラワーティー」と呼ばれていて、 ハイビスカスが最も人気でした。

Herbの育て方(ガーデニング)ですが、もともと原産地の地中海沿岸のやせた土地で自生していたほど丈夫な植物なので、育て方にそれほど神経質になる必要はありません

それでも、「せっかく種を撒いて毎日水をやったのにぜんぜん芽が出てこない」、という経験をお持ちの方は育て方のポイントをご覧ください。

また、 ハーブティーにはさまざまな効果がありますが、日常生活の中で用いる分量くらいならほとんど危険もなく(妊娠中を除く)、安心して利用できます。これはハーブティーの大きな魅力のひとつでしょう。(ご注意・免責事項


ハーブSNSからの新着画像

当サイト管理人(カミツレ)が投稿した写真は著作権フリーなので、素材として自由に使っていただいて大丈夫です。(その際、リンクを貼って紹介していただけると嬉しいです)

一緒に読まれている記事

NewsNews一覧はこちら

2015/05/10 文字コードをShift_JISからUTF-8に変換しました。(文字化けしていたら教えてください)
2015/05/05 ハーブSNSをスマホ対応に修正しました。
2015/04/24 おすすめ記事が表示されるレコメンドツールを追加しました。
2015/03/23 ツイッターを始めました。(Facebookページと連動)
2015/02/10 ハーブ図鑑アロマティカスを追加しました。

PAGE TOP↑