アロマテラピー検定2級 練習問題 問241~260(解答)


問241~260 アロマテラピーの歴史(解答)



問241

ミラノの植物誘導体研究所長であるパオロ・ロベスティが、イタリアのレモン・ベルガモット・オレンジなどの柑橘類の精油とその加工品がうつや神経症に有効であると発見した。

問242

ホリスティックな観点からは、身体に起こったトラブルは全身の問題からきているとして捉える。

問243

一般市民に至るまで使っていたのは、ローマ時代になってからのこと。

問244

東方の三博士は、救世主イエス・キリストの降誕を見て拝み、乳香、没薬、黄金を贈り物としてささげたとされる。

問245

ヒポクラテスは「医学の祖」と言われている。

問246

ヒポクラテスは、迷信や呪術を排して臨床の観察と経験を重んじ、科学的医学の基礎を築いた。

問247

①、④「植物誌」はテオフラストス、②「博物誌」はプリニウス。

問248

アリストテレスの弟子はテオフラトス。

問249

14世紀、ハンガリーのエリザベート女王が処方した「ハンガリーの水」のこと。

問250

イブン・シーナのこと。アラビア語でアビセンナ・アビケンナ・アウィケンナとも呼ばれた。

問251

①はイスラム教、②は「化学」、③はキリスト教。

問252

植物誌はテオフラストス著。

問253

「マテリア・メディカ」とも言う。

問254

神農本草経は後漢から三国の頃に成立した中国の本草書で、神農氏の後人の作とされるが、実際の撰者は不詳である。

問255

②「若返りの水」と評判だった。
③ハンガリアンウォーターはローズマリーを主体にして作られた。
④世界最古の香水は、オーアドミラブル=すばらしい水 (ケルンの水)で1742年にオーデコロンとして商標を登録。

問256

①イタリア人によりドイツで作られた。

問257

①期限~3世紀、②紀元前12世紀ころ、③紀元前460年、④紀元1世紀ごろ。

問258

今のように合成香料が使われ始めたのは、19世紀に入ってからである。

問259

「サレルノ養生訓」は、ヨーロッパ全土に広まった。

問260

③マルグリット・モーリーは、イギリスのアロマテラピーに影響を与えた。

⇒問題文

関連記事

  1. (公社) 日本アロマ環境協会アロマテラピー検定
  2. アロマテラピー検定1級 練習問題 問101~120(解答)
  3. アロマテラピー検定2級 練習問題 問81~100(解答)
  4. アロマテラピー検定2級 練習問題 問141~160
  5. アロマテラピー検定1級 練習問題 問221~240
  6. アロマテラピー検定2級 練習問題 問161~180
  7. アロマテラピー検定1級 練習問題 問161~180
  8. アロマテラピー検定2級 練習問題 問181~200(解答)
0 0 votes
記事の評価レート
通知
更新通知を受け取る »
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments

ハーブの不思議な話

おすすめ記事

【ハーブ7選】初心者でも育てられるハーブをランキングで紹介

育てやすいハーブとは「ハーブを育てる」と聞くと、なんだか丁寧に育てないといけないような印象を抱き…

カモミール Chamomile ~甘いリンゴの香り、抗アレルギー~

【学 名】Matricaria necutita、Chamaemel…

ハーブと野菜を一緒に植えるコンパニオンプランツ

コンパニオンプランツとは ハーブを単独で楽しむのはもちろんなのですが、ハーブ類と野菜類をうまく組…

ハーブとは何か

ハーブとは何か地球上の、山や森、野の草、緑の芝生、花壇の草花、熱帯雨林にある植物……。 いっ…

アロマテラピーのメカニズム

精油が心身に作用する経路アロマテラピーで精油(エッセンシャルオイル)を利用すれば、私たちはリ…

人気記事

  1. 【ハーブ図鑑】ハーブの名前や種類、育て方、効果・効能
  2. (公社) 日本アロマ環境協会アロマテラピー検定
  3. 精油(エッセンシャルオイル)の抽出方法

記事ランキング

カテゴリー

おすすめ記事

PAGE TOP
0
質問やコメントをどうぞ!x