アロマテラピー検定

 アロマ検定2級 練習問題

 アロマ検定2級 解答と解説

 アロマ検定1級 練習問題

 アロマ検定1級 解答と解説


新着レシピ

 

本日:
昨日:
現在の訪問者数:現在

アロマテラピー検定2級 練習問題 問261~280(解答)

問261~280 アロマテラピーの歴史(解答)

問261

シャーリー・プライスは、英国で最大規模のアロマテラピー専門学校の創設者としても有名。

問262

③は、フランスのアロマテラピーの特徴。

問263

カオリンとは、天然の粘土鉱物をくだいて作られた粉末のことで、アロマ手作り化粧品でパックを作るときなどに使う。

問264

アロマテラピーという言葉は、ルネ・モーリス・ガットフォセによって1931年に造語されたとされている。

問265

乳香は=フランキンセンス、没薬=ミルラ。

問266

ルネ・モーリス・ガットフォセはアロマテラピーの命名者。

問267

テオフラトスが著した『植物誌』には500種類におよぶ植物を記載され、植物学の祖と言われている。

問268

傷つきやすい戦闘士たちの治療薬を処方するかたわら、上流婦人たちのためにスキンケアの化粧品を提供していた。

問269

精油の治療的効果と神経系への作用、スキンケアへの応用などの分野で共同研究をしていた。

問270

「the english physicians」は、ニコラス・カルペッパーが著した。

問271

ギリシャ語で「全体性」を意味する「ホロス(holos)」を語源としている。

問272

ミイラ作りには、乳香や没薬などの植物が用いられた。

問273

ペダニウス・ディオスコリデスは、ローマ皇帝ネロの治世下の古代ローマで活動した。

問274

③ローズマリーを主体として作られた。

問275

イブンシーナは、アラビアの医学者・哲学者。

問276

ルネ・モーリス・ガットフォセはフランス人である。

問277

日本アロマテラピー協会は1996年4月に設立された。

問278

「アロマ」が「芳香」、「テラピー」が「療法」を意味する。

問279

ケルンの水は、イタリアの理髪師フェミニスが、ドイツの町ケルンで売り出した。

問280

アロマテラピーは、病気の治療を目的とした医療行為ではないと定義されている。

⇒問題文

一緒に読まれている記事

PAGE TOP↑