MENU

 アロマテラピー検定

 アロマ検定2級 練習問題

 アロマ検定2級 解答と解説

 アロマ検定1級 練習問題

 アロマ検定1級 解答と解説

 ハーブの種類

 ハーブ一覧

アロマテラピー検定2級 練習問題 問281~300(解答)

問281~300 アロマテラピーの歴史(解答)

問281

皇帝ネロのバラへの執着はものすごく、晩餐会では部屋をバラの花で埋め尽くし、天井からバラの花びらを土砂降りの雨のように降らせたり、バラの香りをつけた水をテーブルに降り注がせたりし、その重みで来客が窒息したという話まで残されている。

問282

①はジョン・ジェラード、②はペダニウス・ディオスコリデス、③は作者不明。

問283

陶弘景は紀元5~6世紀の中国六朝時代の医学者・科学者であり、道教の茅山派の開祖。

問284

古代ローマの医学者ディオスコリデス著。

問285

1920年代に、イタリアの医師ジョヴァンニ・ガッティとレナート・カヨラが精油の治療効果と神経系への作用、スキンケアへの応用を共同研究した。

問286

町の名を冠した”サレルノ養生訓:サレルノ健康法”はヨーロッパ全土に広まり、サレルノ医科大学のカリキュラムは中世ヨーロッパの大学の規範となった。また、サレルノは医師の免許制度が始まった地でもあった。

問287

10~13世紀の十字軍遠征の影響で、東西ハーブ、アラビア医学、精油蒸留法がヨーロッパに伝えられる。

問288

1978年にアロマセラピーのスクール「ティスランド・インスティテュート」を開設。

問289

①のジュバンニ・ガッティーは、1920年代に精油の心理的作用・スキンケアに対する研究を行った。

問290

ジャンバルネは、精油の持つ殺菌、消炎作用を研究した。

問291

成分を浸出させるのには、アルコールが使われた。

問292

古代ヨーロッパではなく中世ヨーロッパ。

問293

③ジャン・バルネはフランスの軍医。

問294

2000年4月ではなく、2005年4月に社団法人となった。

問295

イブン・シーナが錬金術の際に発見した。

問296

病気の原因となる悪霊を追い払うために患者を煙で燻す、という医療目的でも使われた。

問297

③のマルグリット・モーリーは、オーストリア人である。

問298

古代エジプトで最も重要視された香料は、乳香と没薬である。

問279

錬金術は僧院では行われていない。

問300

古代ローマのネロ皇帝時代ころの軍医として、方々を旅する機会があった。

⇒問題文

一言コメントをどうぞ!(全角100字まで)
一緒に読まれている記事
【投票】ハーブに関すること

PAGE TOP↑