MENU

 アロマテラピー検定

 アロマ検定2級 練習問題

 アロマ検定2級 解答と解説

 アロマ検定1級 練習問題

 アロマ検定1級 解答と解説


アロマテラピー検定1級 練習問題 問201~220(解答)

このエントリーをはてなブックマークに追加

問201~220 精油のプロフィール(31種) (解答)

問201

黒胡椒の実から水蒸気蒸留法で抽出する。

問202

ブラックペッパーは、熱帯地方で育成するツル性の多年草。

問203

黒胡椒が実るコショウの木は6m以上に生長する常緑のつる性で、果実は赤く成熟につれ黒色に変化する。

問204

ジュニパーベリーと同じく、果実を使用する。

問205

主な成分は、β-カリオフィレン、α-ピネン、ファルネセン、リモネン。

問206

光毒性はない。

問207

フランキンセンス(乳香)はカンラン科の樹木。

問208

木(低木だが大きい)から採れる白い樹脂を水蒸気で蒸留する。

問209

別名オリバナムとも言う。

問210

フランキンセンスは、紀元前40世紀にはエジプトの墳墓から埋葬品として発掘されている。

問211

1級の対象30種の中では、ベンゾイン、ミルラと同じ。

問212

ローズアブソリュートは、花から溶剤抽出法で抽出する。

問213

1級のイネ科は、ベチバーとレモングラスのみ。

問214

根から抽出されるのは、1級でベチバーのみ。

問215

静かで落ち着きのある趣が特徴で、インドやスリランカでは「安静の油」とも呼ばれている。

問216

ベチパー根を水蒸気蒸留法で抽出する。

問217

ベルガモットはミカン科常緑高木樹の柑橘類。

問218

ベルガモットの果皮から圧搾法で抽出する。

問219

ベルガプテンとベルガモテンは、ベルガモットの特徴成分。

問220

④のレモングラスはイネ科。

⇒問題文

このエントリーをはてなブックマークに追加
一緒に読まれている記事

PAGE TOP↑