ハーブの使い方


新着レシピ

 

本日:
昨日:
現在の訪問者数:現在

ハーブティーの飲み方

1.ハーブティーの飲み方

ミントハーブティーの飲み方に、特別のルールはありません。

ただ、何も入っていないと飲みづらい場合は、はちみつを入れてみるとよいでしょう。

他にも、好みによってレモンやミルクを加えてみてください。

2.ハーブティーは2煎まで

ハーブティーは、ほかのお茶同様2煎まで有効です。

それ以上になると、仮に色が出ても香りがなくなりますので、飲み続けるにしても2~4煎くらいでしょう。 飲んだあと余ったものは、お風呂に入れてハーブバスとして再利用することができます。

3.ドライティーとフレッシュティー

ミントティー同じ素材のドライティーとフレッシュティーを比較してみると、色の点から言うとフレッシュティーのほうが透明感において数段勝っているように思います。

香りについては、フレッシュの方が青臭くなってしまうもの、香り高くなるもの、あるいはドライの方が豊かに香るものとさまざまですが、カモミールはぜひともフレッシュで試してもらいたいハーブティーのひとつです。

いずれにしても、それぞれのハーブのドライとフレッシュとを飲み比べていって特徴を把握し、好みのハーブティーを見つけていくことが第一歩です。

4.市販のティーパック

市販のティーパックは、中身のドライが細かいため、思いのほか濃く出てしまうことがありますので注意してください。

ハーブティーになれないうちは、濃い目のティーはおいしいとは感じにくいですから、むしろ薄めのものから慣れていくことをおすすめします。

5.外国のハーブティーについて

ハイビスカスティー外国からの直輸入のハーブティーミックスや海外旅行のお土産にもらったハーブティーが、とてもクセがあって意外とおいしくなかったということもあります。

西洋ではハーブティーを各家庭で薬湯として供え、利用してきた歴史がありますから、薬湯という感覚からすれば必ずしもおいしいものとばかりは限らないのかもしれません

そんなときは、レモンやミルク、はちみつなどを試してみましょう


一緒に読まれている記事

無料壁紙カレンダー作成

ハーブSNS

ハーブレシピクッキング

無料ハーブアプリ

アロマテラピー検定

ハーブ資料

利用法別ハーブの効能一覧

ハーブ香りの効能一覧

ハーブバス効能一覧

ハーブ精油 香りの強さ一覧

精油の7分類・香りのタイプとノート

アロマテラピー検定2級 全300問

アロマテラピー検定1級 全330問


PAGE TOP↑