ハーブの使い方


新着レシピ

 

本日:
昨日:
現在の訪問者数:現在

ポプリとその歴史

ポプリとは

ポプリポプリは、ハーブやスパイス、香料を混ぜ合わせ、さらにそれをビンやポットの中で熟成させた室内香です。

ハーブやスパイスのほか、香りの良い木片や樹脂などを用いることもあり、数種類の材料をブレンドすることによって香りに複雑さが増し深みを出すことができます。

ポプリの語源はフランス語の「POT-POURRI」から来ていて、「料理(ごった煮料理)」や「混ぜる」を意味し、多様な材料を混ぜてつぼに入れて作ったことに由来しています。

主なポプリには、すべての材料を乾燥させて作るドライポプリ(英国風)生乾きの材料に粗塩や黒砂糖を加えて保存処理をするモイストポプリ(フランス風)があります。

ポプリの歴史

ラベンダーポプリ16世紀イギリスで活躍した薬学博士ニコラス・カルペッパーの文献によると、前述した「POT-POURRI」が室内香という意味に使われ始めたのは、エリザベスⅠ世の時代(1533~1603)以降であると記されています。


エリザベスの時代は、イギリス海軍がスペインの無敵艦隊を破りまさに全盛期であり、国教を確立し、学芸・文化に加えて園芸熱も非常に高まりました。軍隊が他国へ遠征してはイギリスにない植物を持ち帰り、あらゆる種類を保有していったと伝えられています。

「ロミオとジュリエット」で有名な文豪シェークスピアも薬草に増資深かったため、特に女王の求愛を受け宮廷の庭園に薬としても役立つハーブをたくさん栽培していたようです。

また、当時流行していたペストの予防にもハーブが使われ、集会場の床にハーブをまき散らしたり窓辺に吊るしたりして殺菌・消毒にも利用されました。

ラベンダー畑エリザベス女王はラベンダーを非常に好み、ジャムにしたラベンダーをいつも食卓に欠かさず、戴冠式の時にも「ハーブで作ったタッジーマッジー(花束)」を持っていたと記録にあります。

このような香り好きの女王の影響を受けて、宮廷婦人たちの間にも、ハーブや花の香りを楽しむ人が増えていきました。

1575年になると、イタリアから帰国したオックスフォードのエドワード伯爵が土産として献上した香り手袋や香りのスイートバッグが女王の気に入るところとなり、これをきっかけに宮廷内に流行、それが徐々に一般大衆へと普及していきました。

宮廷夫人たちは、自分の館にスティル・ルーム(香料貯蔵室)を設けてハーブや花の香りを抽出するようになり、自家製手作りの花の香りを上等な飾りのつぼに入れて楽しんだのですが、これがポプリの由来となりました。

大英博物館には、当時のポプリつぼも保存されています。

一緒に読まれている記事

無料壁紙カレンダー作成

ハーブSNS

ハーブレシピクッキング

無料ハーブアプリ

アロマテラピー検定

ハーブ資料

利用法別ハーブの効能一覧

ハーブ香りの効能一覧

ハーブバス効能一覧

ハーブ精油 香りの強さ一覧

精油の7分類・香りのタイプとノート

アロマテラピー検定2級 全300問

アロマテラピー検定1級 全330問


PAGE TOP↑