ハーブの種類

 ハーブ一覧


新着レシピ

 

本日:
昨日:
現在の訪問者数:現在

ベルガモット Bergamot ~庭にたくさんのミツバチを呼びます~

【学 名】  Monarda didyma
【分 類】  シソ科・ヤグルマハッカ属
【別 名】  タイマツバナ ビーバーム
【種 類】  多年草
【草 丈】  60cm~120cm
【原産地】  アメリカ
【精油成分】  チモール・カルバクロール
  • ベルガモット1
  • ベルガモット2
  • ベルガモット3

利用部分 葉 花   
利用法 ハーブティー 料理 美容健康

ベルガモット投稿写真 →写真投稿はこちら

■ ベルガモットの特徴


◇大航海時代、アメリカからイギリスへ
タイマツバナベルガモットは、北アメリカのケベックからミシガンに分布している多年草です。

和名でタイマツバナと呼ばれるように松明の炎を連想させる花を咲かせます。

アロマテラピーとして精油で利用されるベルガモット(ベルガモットオレンジ)とはまったく別物なのですが、若い葉がベルガモットオレンジの香りに似ているため、ベルガモットと名付けられました。

ベルガモットの属名のモナルダは北アメリカの植物を研究したスペインの医師Nicholos de Monardesを記念して付けられています

イギリスの移民が北アメリカへ渡航する時に、身近な野菜やハーブの種子を携えていったのですが、現地に入った時にこのベルガモットを知り、利用法を住民に教わりました。

ベルガモット写真ベルガモットは、オンタリオ湖に近いオスウィーゴ地方でネイティブアメリカン(先住民)のオスウィーゴ族が利用していたことから、英名をオスウィードティーと呼ばれていました。

ベルガモットの種子は1774年にヨーロッパへ送られ、庭園の一員になってハーブの仲間入りをしています。

ベルガモットの葉は4稜、葉は対生して卵円形から卵上披針形で鋸歯があって、長さ15cmくらいになります。

夏から秋にかけてよく分岐した枝先に緋紅色の頭上花を付けますが、これを囲む苞も色づいて目立ちます。


◇ティー、浴湯、ポプリなどに
ベルガモット写真ベルガモットの葉はレモンのような香りがしますが、精油にチモールと少量のカルバクロールを含んでいます。

芳香性健胃薬、駆風薬とされていました。

若い葉はサラダやワインの香り付け、詰め物料理に利用します。花びらはサラダに散らしたり、パンやクッキーに入れます

赤い花のフレッシュハーブティーにレモンを入れると、さらに美しい色になります。その他、浴湯、ポプリなどにも用います。



■ ベルガモットの育て方


ベルガモット年間表

○土が乾きすぎないように注意
寒さに強く、育てやすいハーブです。日当たりのよい場所から明るい日陰となる場所でよく育ちます。

乾燥に弱くやや湿り気のある土が適しているので、土が乾きすぎないように気を付けますが、うどん粉病になりやすいので風通しを良くしてください

また、栄養分を多く必要とするので、植え付け場所の土に元肥を入れて追肥を施すのを忘れないようにします。


☆庭にたくさんのミツバチが
ビーバームビーバームの名を持つように、たくんのミツバチを呼ぶ蜜源植物です。

園芸品種も多いため、白色やピング色、青紫色などの花色も楽しめます。




一緒に読まれている記事

無料壁紙カレンダー作成

ハーブSNS

ハーブレシピクッキング

無料ハーブアプリ

アロマテラピー検定

ハーブ資料

利用法別ハーブの効能一覧

ハーブ香りの効能一覧

ハーブバス効能一覧

ハーブ精油 香りの強さ一覧

精油の7分類・香りのタイプとノート

アロマテラピー検定2級 全300問

アロマテラピー検定1級 全330問


PAGE TOP↑