ハーブの使い方


新着レシピ

 

本日:
昨日:
現在の訪問者数:現在

ハーブティーの効果(ア~ハ行)

各種ハーブティーの効果・特徴

カモミールハーブにはさまざまな効果がありますが、日常生活の中で用いる分量くらいならほとんど危険もなく(妊娠中を除く)、安心して利用できます。

これはハーブの大きな魅力のひとつでしょう。

ここで紹介しているハーブのほとんどは、家庭でも育てやすく、ドライハーブとしても手に入れやすいものです。

カモミール

カモミールフランスやドイツで特に人気の高い理由は、子供たちの万能薬といえるからでしょう。民間薬として重宝されています。

いろいろな身体の不調、特に女性特有の病気や神経障害に対する効果が知られ、更年期の不快も改善すると言われています。

また、優れた整肌作用、抗炎症作用、アレルギーを改善する作用は特筆すべきものがあります。

植物性エキス入りの化粧品に、このカモミールがいかに多く含まれているかを知れば、その効果は納得できます。

身体を温め、熱を下げ、気分を安静にします。風邪の引きはじめには濃いティーを飲んで休んでください。

セージ

セージ長生きしたければ5月にセージを食べなさい」というイギリスの格言が、このハーブの威力をすべて物語っています。

また、消毒、防腐抗菌作用は、肉の臭みを消し、香り付けをし、保存力を高めます。

身体のさまざまな機能を刺激し、活力を与えますから、古くから民間の万能薬として病気の治療に使われてきました。

全身の強壮作用、消化促進、健胃整腸、解熱、血圧効果の作用のほかに、香りは神経の不安を除く働きもあります。

デオドラント効果が高く、肌を引き締め、過敏な肌も丈夫にしてくれます。

フケや抜け毛を防止することもよく知られています。作用が強いので、ほかのハーブよりごく控えめに

タイム

タイムすっきりとした男性的な香りのタイムは、古代ギリシャ時代に品格や勇気、活動のシンボルとされていました。

防腐作用、殺菌作用やカビを防ぐ作用に優れるため、食品加工の際には、風味付けをかねて多用されています。

日常のヨーロッパ料理でも、肉や魚介類の臭みを消し、保存力を増すための重要なハーブです。

シャープなツンとした香りは消毒力の強い成分「チモール」のためで、口内清涼剤、歯磨き、石鹸、トニック、男性用ローションなどによく利用されています。

飲用すると、風邪や腹痛を和らげたり、また、ハーバル・バスにするとリウマチや神経痛、あるいはそれらが原因のむくみの症状などを軽くすることが知られています。

ハイビスカス

ハイビスカス私たちがこの名を聞いてすぐに想像する、沖縄で咲いているようないわゆる「ハイビスカス」とは異なります。

ハーブティーとして使われるハイビスカスは、熱帯から亜熱帯地域で食用として栽培されている原種に近いものです。

赤く肥厚したガクは果実酸を多く含み、酸味のあるルビー色のティーはのどの渇きを癒す最適な飲料になります。ローズヒップとブレンドするには同重量を基本にすると美味です。

新陳代謝をよくし、身体をアルカリ性にし、便通を整えます。浸出液は肌を中性に保つ収れん性ローションになります。

ペパーミント

ペパーミントガム、歯磨き、湿布剤、のど飴、筋肉痛やかゆみ止めの塗り薬などによく使われています。セージと並んで、これも万能薬です。

頭や神経全体の働きをよくし、全身の代謝を活気づけ、胃や肝臓の機能も促進させます。


消毒や抗炎症作用に優れていることから、風邪や気管支系の症状に使われ、また、神経強壮作用や鎮静作用もありますから、精神疲労を和らげ、ヒステリーを鎮めて気分をさわやかにしてくれます。

ローションとして使えば、収れん性が高く、肌をリフレッシュさせることができます。

ポットマリーゴールド

マリーゴールド抗炎症作用、整肌作用に優れたハーブで、皮膚に対する働きはカモミールと同等、あるいはそれ以上かもしれません。

吹き出物を抑え、腫れを引かせ、痛みをとる効果に優れ、飲用や湿布、として用います。

ローションにすれば素肌をしっかりと滑らかにし、髪には美しいつやを与えるリンス剤になります。

また、17世紀に処方によれば、あらゆるタイプの解熱や心臓病にも使われていた記録があり、頭痛、歯痛、悪寒の治療薬にもなっていました。

金髪女性は美しい金髪を保つためにこの花を用いました。花弁はシルクや羊毛の黄色系の染色にも適しています。

窪田 正治 編 『ハーブコーディネーター養成講座 Vol.1 ハーバルライフを楽しむ』 日本園芸協会 1989年  p115~118参考

一緒に読まれている記事

無料壁紙カレンダー作成

ハーブSNS

ハーブレシピクッキング

無料ハーブアプリ

アロマテラピー検定

ハーブ資料

利用法別ハーブの効能一覧

ハーブ香りの効能一覧

ハーブバス効能一覧

ハーブ精油 香りの強さ一覧

精油の7分類・香りのタイプとノート

アロマテラピー検定2級 全300問

アロマテラピー検定1級 全330問


PAGE TOP↑