ハーブの歴史


新着レシピ

 

本日:
昨日:
現在の訪問者数:現在

ハーブの歴史(中世Ⅱ) ~紀元14世紀~15世紀~

中世イギリスとハーブ

14世紀と15世紀に書かれた何冊かのイギリスの写本には、数種類の薬用植物と油とその使い方について記されています。

この植物はみな、薬草類を油に入れて加熱してその成分を浸出させた油です。


薬草を入れて数時間、あるいは何日か放置した後に、それをこして出来上がるものです。

次に挙げるのは、著者不明の無題の著作から抜粋した部分です。

この写本は大部分がラテン語で書かれていますが、これには異なった数種類のタイプの蒸溜装置を示す図面が何点か収められています。

「乳香樹脂油の製法――
乳香樹脂一オンス(約28グラム)、白乳香、または粉末にしたアレグザンダー(アレクサンドリア産のガムの一種)を一オンスとし、それらを一ヒン(約5.7リットル)の油でよく煮て、似あがったならばそれをこし、用いる必要が生じるまでそれを保存せよ。

胃痛を好転させようと思うならば、まずミントとガランガル(中国原産の駆風作用のある芳香をもつ根)をとり、さきの油で欲にて、さらに材料を加えて軟膏を作ること。
筋肉の苦痛をなくそうとするときは、ローズマリー油で軟膏をつくること。

入稿樹脂の油または軟膏は、胃や肩の関節や腎臓その他の部分の前後部にこれをぬれば、そこの痛みを鎮めるのに役立ち、肝臓・脾臓の各種の病気を好転させる。磯の他の温めるのがよい種類の症状にもすべてこれを塗布すべきである。

なぜなら冷性に起因する病気にはすべて、これが有効だからである。」

乳香樹脂は、乳香に非常に似通ったガムの一種です。これを見れば、体の内部の不調に芳香物質を外用することは、何もこと新しいものでないことがよくわかります。

この油は、例えば胃を治療するとした場合、この油を上腹部にすりこみ、さらに背中のその裏側の部位にもすりこみます。

油を、このように体の前後から塗布するやり方は、現在芳香療法のかなり標準的な手法となっていますが、これは14世紀よりはるか昔から行われていたようです。

エリザベートⅠ世(エルジュビェタ・ウォキェトクヴナ)(1305年~1380年) 国籍、職業:ハンガリー ハンガリー王カーロイ1世の王妃

70歳を過ぎるころから老齢のために健康を害していた(リウマチや慢性関節炎と言われています)のですが、僧院から献上されたローズマリーとライムをアルコールに漬けて抽出した治療水でみるみる若返って健康を取り戻し、72歳の時に20代のポーランド王子からプロポーズされました。

このエピソードから、ローズマリー水は「ハンガリー王妃の水(ハンガリアン・ウォーター)」と呼ばれ、「若返りの水」の別名を持っています。

後に、ラベンダー、ミント、セージ、マジョラム、モッコウ、ネロリ、レモンなども加えられるようになったのですが、ローズマリーが若返りに効果を発揮することを紹介しているエピソードの1つとして知られています。



無料壁紙カレンダー作成

ハーブSNS

ハーブレシピクッキング

無料ハーブアプリ

アロマテラピー検定

ハーブ資料

利用法別ハーブの効能一覧

ハーブ香りの効能一覧

ハーブバス効能一覧

ハーブ精油 香りの強さ一覧

精油の7分類・香りのタイプとノート

アロマテラピー検定2級 全300問

アロマテラピー検定1級 全330問


PAGE TOP↑