ハーブの種類

 ハーブ一覧


新着レシピ

 

本日:
昨日:
現在の訪問者数:現在

ジャスミン Jasmine ~甘い香りを漂よわせる花~

【学 名】 Jasminum officinate
【分 類】 モクセイ科・ソケイ属
【別 名】 ソケイ・ツルマツリ
【種 類】 蔓性常緑低木
【草 丈】 1m
【原産地】 インド
  • ジャスミン1
  • ジャスミン2
  • ジャスミン3

利用部分 花    
利用法 ハーブティー アロマテラピー

ジャスミン投稿写真 →写真投稿はこちら

■ ジャスミンの特徴


◇香水やジャスミン茶の原料
ジャスミン写真ジャスミンは、高さ約1mで茎は蔓上に伸びます。

無毛で濃い緑の葉を波状に付け、細い筒状の小さな白い花を細かくたくさん咲かせます。

近緑種に、弱い耐寒性の大輪ジャスミン(Jasminum grandiforum)、黄花のものにはキバナジャスミン(Jasminum odoratissimum)があります。

ジャスミンの精油成分はベンジルアセテート、リナロール、インドール、ジャスモンなどで、花からジャスミン精油を採って香料原料にします。精油はアンフラージュ法か石油エータル抽出法によって得られます。

ジャスミン写真ジャスミン
精油の産地はフランス南部ですが、北アフリカその他近辺に適地を探して栽培地を広げています。

花の最盛期は8月の中・下旬で太陽が高く上がらないうちに摘み取ります。

ある香料の専門家は、「香りについては世界中でバラとジャスミンが最も好まれている。バラが女性用に、男性用にはジャスミンが多く使われている。また、名の通った香水にはほとんどジャスミンが配合されており、よいジャスミンがなければ調合ができないといっても過言ではない」、という意味のことを書いています。

■ ジャスミンの育て方


ジャスミン年間表

○栽培は日当たりのよい場所が最適
日当たりのよい場所が最適です。

キバナジャスミン、ハゴロモジャスミンなどの半耐寒性の種類は霜や風の当たらない屋外であれば大丈夫ですが、耐寒性のないものは冬は室内で育てるようにします。

繁殖は、初夏に挿し木をします。勢いのよい枝を2節分切り、上方は葉を半分取り下方は節から2、3cm下を斜めに切り取って、湿らせた赤玉土に挿します。

ジャスミンの仲間
マツリカ(J.sambac)
ハゴロモジャスミン(J.polyanthum)
つる性低木で、半八重のものとバラ花状のものがあります。甘い香りがありハワイではレイ(花の首飾り)にされます。

台湾や中国では半八重の蕾を乾燥させてお茶に混ぜ、ジャスミン茶とします。鉢物も作られていますが、冬は室内で保護します。
中国南部原産のつる性低木。種小名のポリアンツムは”多花性の”という意味で、白色芳香花がびっしりつきます。

鉢物として早春花屋さんで見かけます。春、鉢物で出ているのは温室栽培のものですが、やや耐寒性があり花期は初夏です。

一緒に読まれている記事

無料壁紙カレンダー作成

ハーブSNS

ハーブレシピクッキング

無料ハーブアプリ

アロマテラピー検定

ハーブ資料

利用法別ハーブの効能一覧

ハーブ香りの効能一覧

ハーブバス効能一覧

ハーブ精油 香りの強さ一覧

精油の7分類・香りのタイプとノート

アロマテラピー検定2級 全300問

アロマテラピー検定1級 全330問


PAGE TOP↑