ハーブの種類

 ハーブ一覧


新着レシピ

 

本日:
昨日:
現在の訪問者数:現在

レモンバーム Melissa ~育てやすく爽やかなレモンの香り~

【学 名】 Melissa officinalis
【分 類】 シソ科セイヨウヤマハッカ属
【別 名】 セイヨウヤマハッカ
【種 類】 多年草
【草 丈】 50cm~80cm
【原産地】 ヨーロッパ・中央アジア
【精油成分】 シトロネラール、シトラール、ゲラニアール
  • レモンバーム1
  • レモンバーム2
  • レモンバーム3

利用部分 葉 花
利用法 ハーブティー 料理 美容健康 アロマテラピー 混植

レモンバーム投稿写真 →写真投稿はこちら

■ レモンバームの特徴


◇レモンそっくりの香りにミツバチが集まる
レモンバーム写真レモンバームの葉は、レモンにとても似た香りがします。

植物学的にいえば、この2つの植物は全くの無関係なのですが、似た香りでもレモンバームのほうがレモンに比べてより繊細で、きわめてユニークな芳香を放ちます。

レモンバームは別名「メリッサとも言いますが、この名前は「ミツバチ」ということを意味するギリシャ語から来たものです。ミツバチは、このメリッサの花が蜂蜜を作るのに特に好都合らしく、この植物の香りに引き寄せられます。

レモンバーム写真「バーム」という名は、バルサム(香膏の意)を縮めたものですが、これは最初にこう名付けられて以来、この植物がその香りでずっと知られてきたことを示しています。

また、レモンバームは最も古くから使われていた薬草のひとつで、16世紀に活躍した医学者で錬金術師だったパラケルススはこれを非常に尊重して「生命のエリキシル(Elixir=エリクサー、万能薬)」と呼び、レモンバームと炭酸カリウムと合わせて「プリムム・エンス・メリッサエ」として知られる合剤を作りました。


◇長寿のハーブ?
レモンバームティーかつて、レモンバームは人間より長生きすると考えられていました。

13世紀、グラモーガン公ウェリンは、いつもレモンバームのハーブティーを愛飲していたおかげで108歳まで長生きし、サイデナム在住のジョン・ハシーという男は、毎朝このハーブティーにハチミツをたらして飲むこと50年、116歳まで生きたといいます。

昔の薬草専門家はみな、うつ病の薬剤として、また脳と神経との強化剤としてのレモンバームの薬効を賞揚しました。


◇うつ症を改善
レモンバーム写真メリッサの精油成分はシトロネラール、シトラール、ゲラニアールで、刺激作用よりも強壮作用を発揮し、心臓や神経系統・消化器系統および子宮を強壮にする効果があります。

また、気分を鎮静させて心を穏やかにし、抑うつ症を好転させたり、呼吸と脈拍を緩慢にして血圧を下げ、平滑筋の痙攣を静める力もあります。

レモンバーム写真 熱が出た場合には、レモンバーム精油は緩和な発汗作用を示し、冷却効果をあらわします

これは風邪と流感に役立ち、喘息や気管支炎にも有効性を示すとされています。

■ レモンバームの育て方


レモンバーム年間表

○とても育てやすいハーブでどんどん増える
生育が早く、比較的寒さ暑さにも強く丈夫で、育てやすいハーブで、春か秋に種をまくか、株分けで増やします。

明るい日陰となる水はけの良い場所を選び、栄養豊富で適度に湿り気のある土に植え付けます。

室内や鉢植でもよく育ちますし、こぼれ種でよく増えて雑草並の繁殖力があります。

萌芽の鮮緑色がすばらしく、仲間には葉にきれいな斑が入ったゴールデン・レモンバームがあります。

他にこんな記事も読まれています

無料壁紙カレンダー作成

ハーブSNS

ハーブレシピクッキング

無料ハーブアプリ

アロマテラピー検定

ハーブ資料

利用法別ハーブの効能一覧

ハーブ香りの効能一覧

ハーブバス効能一覧

ハーブ精油 香りの強さ一覧

精油の7分類・香りのタイプとノート

アロマテラピー検定2級 全300問

アロマテラピー検定1級 全330問


PAGE TOP↑