ハーブの種類

 ハーブ一覧


新着レシピ

 

本日:
昨日:
現在の訪問者数:現在

キャットニップ Catnip ~猫が好む香りを持つハーブです~

【学 名】 Nepeta cataria
【分 類】 シソ科イヌハッカ属
【別 名】 イヌハッカ、キャットネップ
【種 類】 多年草
【草 丈】 30cm~100cm
【原産地】 ヨーロッパ・南西アジア
  • キャットニップ1
  • キャットニップ2
  • キャットニップ3

利用部分 葉 花 茎
利用法 ハーブティー 料理 美容健康 染料

キャットニップ投稿写真 →写真投稿はこちら

■ キャットニップの特徴


◇猫が酔っ払うハーブ
キャットニップ写真 キャットニップ学名であるNepetaは、古代ローマの町の名ナペティ(napeti)に由来します。

当時、キャットニップは貴重な植物でこの街の特産品でした。

キャットニップは猫が好む香りを持つハーブで、たいていの猫は陶酔状態になります葉を入れたねずみのぬいぐるみは、猫のおもちゃになります

葉は粗い鋸歯状の卵形で、葉、茎ともに軟毛に覆われていて、全草に強い香りがあります。

茎の先端に小さな白色や淡い藤色の花をたくさん咲かせます。


◇眠気を誘う
キャットニップ写真葉っぱの部分をスープに使ったり、サラダなどのソースの香りづけとして使います。

眠気を誘ってくれ、風邪、胃腸障害、発汗、精神安定、頭痛、湿布薬、消化促進などに効果があります。強い発汗作用もあり、風邪の発熱時に効果があります。

ただし、 妊娠中、授乳中の方は飲まないで下さい

■ キャットニップの育て方


キャットニップ年間表

○大きくなるので、一株でも十分
湿った土を好みます

草丈もあって大きくなるので、キャットニップの配置場所はよく考えましょう。

ブルーキャットミントと言われる、シルバーグリーンの細かな葉と紫色の小花をたくさん付けるものは、Nepeta mussinii、または交配種のNepeta×faasseniiです。

花期も長く切り戻せばもう一度咲きますし、小型なので花壇の縁取りに最適です。


☆鳥害、アブラムシ、甲虫類対策に
キャットニップをイチゴの周りに植えると、鳥害を防ぎます

また、アブラムシ、甲虫類の被害を減らすので、野菜の間に植えてコンパニオンプランツとしても利用できます。

ミツバチも呼びます

一緒に読まれている記事

無料壁紙カレンダー作成

ハーブSNS

ハーブレシピクッキング

無料ハーブアプリ

アロマテラピー検定

ハーブ資料

利用法別ハーブの効能一覧

ハーブ香りの効能一覧

ハーブバス効能一覧

ハーブ精油 香りの強さ一覧

精油の7分類・香りのタイプとノート

アロマテラピー検定2級 全300問

アロマテラピー検定1級 全330問


PAGE TOP↑