MENU

 ハーブ日記

 ハーブの種類

 ハーブ一覧

北東京のハーブ苗は高かった

成増駅のハーブ苗の値段(高め)

投稿日:2019年6月22日

東京の北側に位置し、埼玉県にかなり近い成増駅(板橋区)へ行く用事があったので、ついでにハーブ苗の値段も調べてみました。

あまり時間がなかったので、駅の改札口を出てすぐにところにあるフラワーショップにしています。

人が集まるせいか、ハーブ苗の値段はやや高めに設定してあり、小さいハーブ苗でも270円でした。

クリーピングタイム苗の値段 270円

成増駅は、東武東上線の準急や特急に乗った場合、次の駅(終点)が池袋と都心に近いのが特徴

埼玉県の北方まで行けば、畑や農園などがあるのでもっと安く仕入れることができると思うのですが、板橋区の位置だと流通の関係で都心から仕入れているのかもしれません。

ハーブの種類は少なく、クリーピングタイムをメインにスープセロリの苗が少しだけ、といった感じです。

スープセロリ苗の値段 270円

ローズマリーも高い

さすがに2種類のハーブだけでは少なすぎるので、もう少し店内を探してみると、ローズマリーを発見。

しかし、こちらも先ほどと同じく270円でがっかり

値段の高さは駅前のお店だからということもあると思いますが、お店のレイアウトや鉢のデザインは素敵なので、園芸用に買うというよりはプレゼント用に買っていく人の方が多いのかもしれません

ローズマリー苗の値段 270円


奥には、もう少し大きめのローズマリー苗もあったのですが、値段は864円とさらに高いものでした。

ローズマリー苗の値段 864円


とはいえ、ローズマリーは樽の入れ物に入っていて、プレゼントすれば喜ばれるでしょう。

ローズマリー苗の値段 864円

ローズマリーのポップを読む

ローズマリーにはポップが設置してあって、鉢植えと地植えの育て方と使い道について書いてありました。

簡単なポップですが、こういった説明が書いてあれば、ローズマリーをどう楽しめばよいのか分かるので、とても役立ちますね。

ローズマリーのポップ

ローズマリーは緑の葉が1年中ある、「常緑低木」です。水やりは鉢植えの場合、土が乾いたら鉢底から流れ出るくらいにたっぷりと、日が高くなる前の朝から午前に済ませます。地植えは根づいた後は水やり不要です。日当たりと風通しがよく、土が乾きやすい場所へ置いてください。ローズマリーは香りが強く、特徴的なので、肉料理のにおい消しとしても効果的です。ハーブティーとしても楽しめます!

一言コメントをどうぞ!(全角100字まで)
一緒に読まれている記事
【投票】ハーブに関すること

PAGE TOP↑