ハーブの種類

 ハーブ一覧


新着レシピ

 

本日:
昨日:
現在の訪問者数:現在

チコリ Chicory ~花や若葉はサラダに、根は飲み物に~

【学 名】 Cichorium intybus
【分 類】 キク科・キクニガナ属
【別 名】 サッカリー キクニガナ
【種 類】 多年草
【草 丈】 100~150cm
【原産地】 ヨーロッパ・西アジア・北アフリカ
  • チコリ1
  • チコリ2
  • チコリ3

利用部分 葉 花 根
利用法 ハーブティー 料理 美容健康

チコリ投稿写真 →写真投稿はこちら

■ チコリの特徴


◇薄青色のデイジーのような一日花
チコリ写真チコリはヨーロッパ原産の太い直根のある多年草で、高さ1~1.5mになります。

葉は大きく楕円形化長円形で切れ込みがあります。

5~6月に太い花茎をのばして、葉腋に頭状花をつけます。花は薄青色のデイジーのような花で、次々と咲きます。朝開いて午後に閉じる一日花です。


◇野菜としてサラダに
チコリを使ったイタリア料理前菜花や若葉はサラダに利用します。青色染料植物でもあります。

晩秋に、葉を落とした根株を深い容器に詰めて10℃の暗いところに置くと1ヶ月ほどでは画球状に重なってまとまりますので、それを野菜として利用します(軟白栽培)。

チコリは、欧米では野菜として利用されています。


◇根をコーヒーに
チコリ写真 タンポポと同様に、刻んだ根をいぶって、コーヒーのように飲みます

チコリはタンポポコーヒーよりマイルドな味がします。

成分はイヌリンと苦味質で、この根を乾燥したものをチコリー根といって食欲増進剤としました。利尿、消炎、肝臓強壮の効果があり、リューマチや痛風、便秘の“特効薬”としてよく知られています。

イヌリンは天然のインスリンと呼ばれていて、血糖値を下げたり糖尿病の改善に効果があると言われています。

■ チコリの育て方


チコリ年間表

○栄養豊富なアルカリ性の土で栽培


苗の出回る時期は9~10月で、よく日のあたる場所を好んで育ちます水はけのよい、栄養豊富なアルカリ性の土が適しています。

背丈が大きくなったら倒れないように支柱を立てます。こぼれた種からもよく発芽し、根の一部を切り取って埋めておけば芽をふいてきます


○根の利用は2年目以降のものを
根は直根でよく太るので、植え場所の土は、深く耕しておきます根は2年目以降のものを掘り上げます

一緒に読まれている記事

無料壁紙カレンダー作成

ハーブSNS

ハーブレシピクッキング

無料ハーブアプリ

アロマテラピー検定

ハーブ資料

利用法別ハーブの効能一覧

ハーブ香りの効能一覧

ハーブバス効能一覧

ハーブ精油 香りの強さ一覧

精油の7分類・香りのタイプとノート

アロマテラピー検定2級 全300問

アロマテラピー検定1級 全330問


PAGE TOP↑