ハーブの種類

 ハーブ一覧


新着レシピ

 

本日:
昨日:
現在の訪問者数:現在

タンジー Tansy ~ドライフラワーやポプリの材料に~

【学 名】 Tanacetum vulgare
【分 類】 キク科・ヨモギギク属
【別 名】 バチェラーズボタン・ジンジャープランツ・ビターボタン
【種 類】 多年草
【草 丈】 1~1.2m
【原産地】 ヨーロッパ・アジア
  • タンジー1
  • タンジー2
  • タンジー3

利用部分 葉 花 茎 
利用法 美容健康 染料 混植

タンジー投稿写真 →写真投稿はこちら

■ タンジーの特徴


◇独特の香りには防虫効果が
タンジー写真タンジーは、強い匂いと羽状に深く切れ込んだ葉、黄色の目立つ頭状花が特徴で、英名ではジンジャープランツ、ビターボタン、センティッドファーンなど色々と呼ばれています。

独特の香りには防虫効果があるため、昔は茎葉を体内寄生虫の駆除剤にし、健胃・食欲増進剤にされました

畳やカーペットの下に入れておくと、防虫効果がありますし、犬小屋やペットの敷物、クッションの防虫にも役立ちます。

栄養素も多く含むので、果樹園に植えると土を肥やし、害虫を防ぎます


◇現在では食用には使わない
タンジー写真タンジーは、中世には一般的な薬味草としてよく使われていました。

しかし、現在では食用には使わず、葉や花を楽しみ、染色、ドライフラワー、ポプリの材料にされています。

これは、タンジーには弱い毒性があって、食用にはできないことがわかってきたからです特に妊娠中の方は服用しないでください

■ タンジーの育て方


タンジー年間表

○株間をあけて植える
種をまく時期は春・秋、挿し木や株分けもできます。成長して根が込みあうと夏の蒸し暑さに弱くなるため、株間をあけて植えつけます。

成長が旺盛になるのは春からなので、早春には施肥を忘れずに施し、追肥は2~3カ月おきに与えます。


☆防虫効果
タンジーの強い香りには防虫効果があり栄養素も多く含むので、果樹園に植えると土を肥やし、害虫を防ぎます

花や葉を茎ごと戸口に吊るして虫除けにしたり、サシェに詰めて衣類の防虫に使ったりもできます。

一緒に読まれている記事

無料壁紙カレンダー作成

ハーブSNS

ハーブレシピクッキング

無料ハーブアプリ

アロマテラピー検定

ハーブ資料

利用法別ハーブの効能一覧

ハーブ香りの効能一覧

ハーブバス効能一覧

ハーブ精油 香りの強さ一覧

精油の7分類・香りのタイプとノート

アロマテラピー検定2級 全300問

アロマテラピー検定1級 全330問


PAGE TOP↑