ハーブの種類

 ハーブ一覧


新着レシピ

 

本日:
昨日:
現在の訪問者数:現在

コンフリー Comfrey ~ハーブガーデンの肥料用(緑肥)にも~

【学 名】 Symphytum officinale
【分 類】 ムラサキ科・ヒレハリソウ属
【別 名】 ニットボーン
【種 類】 多年草
【草 丈】 60~120cm
【原産地】 ヨーロッパ・西アジア
【精油成分】 アラトイン、アルカロイド
  • コンフリー1
  • コンフリー2
  • コンフリー3

利用部分 葉 花 根
利用法  美容健康 染料 混植

コンフリー投稿写真 →写真投稿はこちら

■ コンフリーの特徴


◇若葉はサラダやてんぷらに
コンフリー写真コンフリーは、桃紫色と淡黄色の花をつける2種類が知られています。

本来コンフリーと呼ばれているのはオオハリソウ(S.asperum)のほうを指します。

若葉はサラダやてんぷらに、花はサラダに散らします

葉と根には、たんぱく質の一種で細胞分裂を活発にするアラトインが含まれているので、ただれや切り傷、骨折の晴れなどに優れた効き目があります。

また、黄色から緑色の染色に使います。


◇根には毒性成分が
コンフリー写真ただし、コンフリーの根にはアルカロイドという毒性の成分が含まれているので、根や大量の葉を自己流で使用するのは控えます


■ コンフリーの育て方


キャラウェイ年間表

○繁殖力が強くてとても丈夫
繁殖力が強くて丈夫です。有機質に富んだ、保水性のある土を好みます。

株が大きく成長すると、茂りすぎるほどになるので、適度に株分けをして整理します。しかし、とても丈夫なので、とりわけて栽培上の苦心はありません


☆緑肥
植物の医者と言われ、根を深く張って土を豊かにし、大きな葉で周囲の湿度を保つことから、ヨーロッパの一部ではハーブガーデンの肥料用(緑肥)とすると良いと言われています。

一緒に読まれている記事

無料壁紙カレンダー作成

ハーブSNS

ハーブレシピクッキング

無料ハーブアプリ

アロマテラピー検定

ハーブ資料

利用法別ハーブの効能一覧

ハーブ香りの効能一覧

ハーブバス効能一覧

ハーブ精油 香りの強さ一覧

精油の7分類・香りのタイプとノート

アロマテラピー検定2級 全300問

アロマテラピー検定1級 全330問


PAGE TOP↑