ハーブの種類

 ハーブ一覧


新着レシピ

 

本日:
昨日:
現在の訪問者数:現在

イタリアンパセリ Italian Parsley ~料理でおなじみのハーブ~

【学 名】 Carum Petroselinum
【分 類】 セリ科・オランダゼリ属
【別 名】 オランダゼリ
【種 類】 2年草
【草 丈】 30~70cm
【原産地】 ヨーロッパ南東部・西アジア
【精油成分】 ピネン、アピオール
  • イタリアンパセリ1
  • イタリアンパセリ2
  • イタリアンパセリ3

利用部分 葉 茎 根 種 
利用法 料理 美容健康

イタリアンパセリ投稿写真 →写真投稿はこちら

■ イタリアンパセリの特徴


◇古代ギリシャでは医薬用
イタリアンパセリパセリは、古代ギリシャ人に尊ばれていました。

当時パセリは主として医薬用に用いられ、ホメロスの詩によれば、軍馬に与える餌でもありました

和名は、オランダから伝えられたセリの意味です。

イタリアンパセリを食卓にのせるようになったのはローマ帝国の人々で、宴会の際にはこのハーブのガーランドを飾りました。

普通のパセリのようなちぢれ葉でなく、やや大型の細長く裂けた葉にはやさしい芳香があります。


◇サラダやスープ、パスタにも
パセリとパスタ 生でサラダに散らしたり、ハーブバター、ハーブオイルを作り、スープやパスタに利用します。

どの品種もビタミン、ミネラル、防腐作用のあるクロロフィルが豊富です。


パセリとスープ乾燥、冷凍保存ができるので、たくさん収穫して、ストックしておくと便利です。

また、必要の都度切り取って使うようにすれば年中緑色の葉が収穫できて便利です。


■ イタリアンパセリの育て方


イタリアンパセリ年間表

○半耐寒性の二年草
日当たりのよい場所を好んで育ち、水はけがよく有機質を多く含んだ栄養豊富な土が適しています。

パセリ
半耐寒性の二年草種を撒いてから2年で枯れてしまうため、 種子を撒くのは春がよいでしょう。パセリは発芽に光が必要(好光性種子)なので、種を撒いたあと土は薄くかぶせるくらいにしてください。

苗が育ってきたら、1、2度植え替えをして株間30cmくらいに離して定植します。もし秋にまく場合は、夏の終わりごろにまくようにします

遅くなってから蒔いてしまうと、株が大きく成長する前に花芽分化して利用に適さなくなってしまいます。また、収穫は、葉が10枚以上になってから行います


○水を切らさないように注意
乾燥に弱く、夏の高温期には土が乾いて葉が黄色くなってしまうことがありますので、水を切らさないように注意しましょう。

植え付け予定地には、あらかじめ堆肥か腐葉土を十分に入れて、保湿性を保っておくのがよいでしょう。成育中に土が半渇きになったら、十分に水をあげるようにします。

一緒に読まれている記事

無料壁紙カレンダー作成

ハーブSNS

ハーブレシピクッキング

無料ハーブアプリ

アロマテラピー検定

ハーブ資料

利用法別ハーブの効能一覧

ハーブ香りの効能一覧

ハーブバス効能一覧

ハーブ精油 香りの強さ一覧

精油の7分類・香りのタイプとノート

アロマテラピー検定2級 全300問

アロマテラピー検定1級 全330問


PAGE TOP↑