ハーブの種類

 ハーブ一覧


新着レシピ

 

本日:
昨日:
現在の訪問者数:現在

エルダー Elder ~染料から食用まで、全草を使います~

【学 名】 Sambucus nigra
【分 類】 スイカズラ科・ニワトコ属
【別 名】 セイヨウニワトコ・ボアトゥリー・接骨木
【種 類】 落葉低木
【草 丈】 2~10m
【原産地】 ヨーロッパ・西アジア・北アフリカ
【精油成分】 配糖体、サンブクリン、ルチン
  • エルダー1
  • エルダー2
  • エルダー3

利用部分 葉 花 果実
利用法 料理 美容健康 染料 混植

エルダー投稿写真 →写真投稿はこちら

■ エルダーの特徴


◇染料から食用まで
エルダー写真縄文時代の遺跡から土器に大量に詰められたニワトコ(エルダー)の果実が発見されていて、お酒を醸造したのではないかとする仮説が提唱されています。

エルダーの和名 接骨木(セッコツボク)は骨折の治療に用いたためとされ、果実は焼酎に漬けて果実酒の材料にされます。

エルダーは、ヨーロッパでは身近な植物で庭に植えたり垣根にしていましたが、古い時代には”この植物の葉や樹皮、果実の薬効を十分に知れば、どのような病気でも生垣から薬が得られる”と言われていました。

エルダーの若い枝には皮目があり、葉は羽状複葉で小さい葉は5枚ぐらい、裂片は楕円形か卵状楕円形、長さ5~10cm、幅2~3.5cmで、葉縁には鋸歯があります。

エルダーの実 春にクリーム色の小花を散房状に付け、夏には黒紫色の果実が成ります。

成分は配糖体、サンブクリン、ルチンで、花や実には発汗作用があるので、 血液の循環を良くしたり、くしゃみや鼻水、のどの痛みや悪寒など、風邪のの症状を緩和してくれます。

若い芽はピクルスに、花は揚げ物、果実はワインやジャムの材料にします

また、葉や果実、根は染料にします。

■エルダー の育て方


エルダー年間表

○乾燥に弱いので水やりに注意
春か秋に種を撒き、春から秋に挿し木で殖やしますが、こぼれ種でもよく発芽します。

中性からアルカリ性の土を好み、乾燥には弱いので水やりに注意して育てます。

なお、地下茎を伸ばして殖えていくため、庭植えに適しています

一緒に読まれている記事

無料壁紙カレンダー作成

ハーブSNS

ハーブレシピクッキング

無料ハーブアプリ

アロマテラピー検定

ハーブ資料

利用法別ハーブの効能一覧

ハーブ香りの効能一覧

ハーブバス効能一覧

ハーブ精油 香りの強さ一覧

精油の7分類・香りのタイプとノート

アロマテラピー検定2級 全300問

アロマテラピー検定1級 全330問


PAGE TOP↑