ハーブの種類

 ハーブ一覧


新着レシピ

 

本日:
昨日:
現在の訪問者数:現在

アンゼリカ Angelica ~リキュールの重要な香料の1つ~

【学 名】 Angelica archangelica
【分 類】 セリ科・シシウド属
【別 名】 エンジェルズプラント
【種 類】 二~多年草
【草 丈】 2m
【原産地】 北/南ヨーロッパ・西アジア
【精油成分】 フランドレン、アンゲリシン
  • アンゼリカ1
  • アンゼリカ2
  • アンゼリカ3

利用部分 葉 花 茎 根 種
利用法 ハーブティー 料理 美容健康 アロマテラピー

アンゼリカ投稿写真 →写真投稿はこちら

■ アンゼリカの特徴


◇名前の由来は、大天使(アークエンジェル)ミカエル
アンゼリカ 写真アンゼリカの名前の由来は、大天使(アークエンジェル)ミカエルの記念祭の日のころに花を咲かせるところから来ています。大天使ミカエルは、悪と戦う守護天使としての役割を持ちます。

開花期には茎が伸びて2mくらいになります。葉は3出羽状複葉で、裂片は卵円形で鋸歯があり、根生葉は大きく50cm以上になります。花は淡緑色で、複散形花序に半球状につきます。

根の精油にフランドレン、アンゲリシンを含んでいて、ヨーロッパでは根茎を鎮静、鎮痛薬として不眠症やヒステリーに使われてきました。


◇リキュールやケーキに
アンゼリカ 写真リキュールの重要な香料の1つであるほか、ケーキの上に乗っている緑色、ゼリー状のものもアンジェリカといいます

日本ではアキタブキを使っていますが、もとはアンゼリカの葉柄を砂糖漬けにしたもので、ヨーロッパではこれを使っています。

■ アンゼリカの育て方


アンゼリカ年間表

○冷涼地の植物で、半日陰の場所が適している
アンゼリカは新しい種子をまくと発芽するのですが、発芽率が悪いので、あまり見かけません。

冷涼地の植物で半日陰の場所が適しており、株ぎわはワラなどで覆っておきます。

一緒に読まれている記事

無料壁紙カレンダー作成

ハーブSNS

ハーブレシピクッキング

無料ハーブアプリ

アロマテラピー検定

ハーブ資料

利用法別ハーブの効能一覧

ハーブ香りの効能一覧

ハーブバス効能一覧

ハーブ精油 香りの強さ一覧

精油の7分類・香りのタイプとノート

アロマテラピー検定2級 全300問

アロマテラピー検定1級 全330問


PAGE TOP↑