ハーブの種類

 ハーブ一覧


新着レシピ

 

本日:
昨日:
現在の訪問者数:現在

アロマティカス Aromaticus ~多肉植物のハーブ~

【学 名】 Plectranthus amboinicus
【分 類】 シソ科プレクトランサス属
【別 名】 キューバンオレガノ・スープミント
【種 類】 多年草
【草 丈】 20cm~30cm
【原産地】 インド~南アフリカ
  • アロマティカス1
  • アロマティカス2
  • アロマティカス3

利用部分 葉    
利用法 ティー 料理

アロマティカス投稿写真 →写真投稿はこちら

■ アロマティカスの特徴


◇食べられる多肉植物
アロマティカスとアロマティカスのハンドクリームここ数年で日本に広まったハーブ「育てる芳香剤」として人気が出てきました。

多肉植物でありながら甘いミントのような香りがするため、中南米では肉料理や香料としても使われています。

葉は表面が白い軟毛で覆われており、アロマティカスをティーにする時は、細かくちぎりすぎると青臭くなるためやや大きめにちぎります。また、葉が肉厚のため、味や香りが出るまで他のハーブティーより少し時間がかかります


アロマティカスとアロマティカスのハンドクリームインドネシアやフィリピンでは、火傷などにメディカルプランツとして利用されています。

葉の縁が白くなる斑入り種のアンボイニクスは、アロマティカスよりもやや香りが強いです。


■ アロマティカスの育て方


アロマティカス_年間表

○乾燥を好み、挿し木で簡単に増やせる
アロマティカスは、サボテンの仲間なので乾燥を好みます

元々、葉っぱに水を貯える仕組みがありますから、水は土が乾いてから与えるようにしないと根腐れを起こすため注意してください。冬は、月に1~2回程度の水やりとすることで耐寒性が上がります。

部屋の中や半日陰でも育てられますが、あまり日に当てずにいると葉っぱの色が薄く(悪く)なってしまうので、適度に日光を当てるようにします耐寒性はなく、気温が下がると葉っぱが茶色くなり枯れてしまうため、冬は5度以上ある場所へ移動させた方が無難です。

育ってきて葉っぱの枚数が増えてきたら、蒸れを防ぐためにも間引いて使用していきます。伸びてきた枝を4~5cmくらい切って、そのまま鉢に差しておくと根が出てくるので、挿し木で簡単に増やすことができます

一緒に読まれている記事

無料壁紙カレンダー作成

ハーブSNS

ハーブレシピクッキング

無料ハーブアプリ

アロマテラピー検定

ハーブ資料

利用法別ハーブの効能一覧

ハーブ香りの効能一覧

ハーブバス効能一覧

ハーブ精油 香りの強さ一覧

精油の7分類・香りのタイプとノート

アロマテラピー検定2級 全300問

アロマテラピー検定1級 全330問


PAGE TOP↑