アロマテラピー検定

 アロマ検定2級 練習問題

 アロマ検定2級 解答と解説

 アロマ検定1級 練習問題

 アロマ検定1級 解答と解説


新着レシピ

 

本日:
昨日:
現在の訪問者数:現在

アロマテラピー検定1級 練習問題 問1~20(解答)

問1~15 アロマテラピーに関係する法律  
問16~20 アロマテラピーと健康学 (解答)

問1

精油は雑貨扱いであり、薬品ではない。

問2

効能をうたってはいけない。

問3

医薬品であるため効果をうたってはいけず、引火の恐れがあるため大量に保有してはいけない。

問4

小分けも含まれる。医薬品等の製造許可がない者は業として製造・小分けできない。

問5

プレゼントの場合も、使った人の自己責任になるということと、使い方をしっかり説明して納得してもらう必要がある。

問6

②は、薬事法によるもの。

問7

①は化粧品製造販売業許可を取得する必要、②・③は薬事法違反。

問8

特定の友人、知人へのプレゼントは「業として」には当たらない。

問9

指定数量を超えなければ、法的には問題ない。

問10

①は薬事法違反。

問11

無許可で販売をしてはいけない。

問12

問13

医師以外が診断することは違法となる。

問14

②は消費者の保護と救済、③は消防法。

問15

精油は、医薬品的な効果・効能をうたってはならない。

問16

脳幹は、間脳(視床、視床下部、下垂体)、中脳、橋、延髄から構成され、大脳半球と脊髄を結ぶ役割を果たす。

問17

②大脳新皮質、③扁桃体、④海馬

問18

記憶の中枢である海馬は、生まれてから体験・学習して獲得した記憶を貯蔵している。

問19

下垂体と連携して内分泌系(ホルモン)の調節を行うのは、脳幹に含まれる間脳の視床下部の役割。

問20

脳へ入った香りの情報は大脳辺縁系へ達し、さらに視床下部 、下垂体へと伝達、同時に大脳皮質の嗅覚野にも到達し、ここで香りを何の香りか判断している。

⇒問題文

一緒に読まれている記事

無料壁紙カレンダー作成

ハーブSNS

ハーブレシピクッキング

無料ハーブアプリ

アロマテラピー検定

ハーブ資料

利用法別ハーブの効能一覧

ハーブ香りの効能一覧

ハーブバス効能一覧

ハーブ精油 香りの強さ一覧

精油の7分類・香りのタイプとノート

アロマテラピー検定2級 全300問

アロマテラピー検定1級 全330問


PAGE TOP↑