ハーブの使い方


新着レシピ

 

本日:
昨日:
現在の訪問者数:現在

ハーブティーの効果(マ~ワ行)

各種ハーブティーの効果・特徴

ハーブティーの効果(ア~ハ行)の続きです。

馴染みやすいうえに育てやすいので、庭に植えて栽培すればドライだけでなくフレッシュハーブとしていつでも利用することができます。

マロウ

マロウティークセがなく、お年寄りや子供たちにも与えやすいハーブです。この花のティーが、目の覚めるようなブルーになることを知れば、むしろ面白さを大いに利用するのもよいでしょう。

ティーは放っておくとグレーになり、レモン汁を落とすとピンクに変わります

このハーブ全体に含まれる粘液には優れた鎮静、鎮痛、軟化作用があり多くの症状を軽減することができます。

コモンマロウ肌質を問わず、皮膚をやわらかく滑らかにし、シミ、ソバカスを目立たなくしてくれます

また、体内の毒素を排出し、便通を整えることもよく知られています。効能は、マロウ(ウスベニアオイ)より、マシュマロウ(ウスベニタチアオイ)の方が強力です。

リンデンリンデンゆったりと穏やかに作用するリンデンは、特にお年寄りや子供たちにも安心して使えるハーブです。

香りにもクセは全くありません。ティーやローション、入浴剤として用いるのが一般的ですが、あらゆる鎮静効果が期待できます。

不眠症、不安症、神経疲労を癒し、ぜんそくも軽くします。

イライラが原因の内臓不調にも、ペパー澪ンとなどとブレンドしたティーを試してみてください。

また、発汗作用と鎮静作用が相まって、風邪のひきはじめにはとてもよく効きます

花と苞に含まれる粘液は、肌を滑らかにし、延焼を鎮めるのに役立ちます。

レモンバーム

レモンバーム「脳の働きを活発にし、メランコリーを追い払う」といわれる心強いハーブです。

このハーブの学名は「Melissa officinalis」。メリッサは「」を意味しますから、その薬理効果以外にも、甘味源ハチミツを取るために、タイム同様、日々の暮らしの中で大切なハーブだったことが分かります。

一言で言えば、頭からつま先までの全機能を良くしてくれる現代人の若返り薬と言えそうです。

ゆっくりとした効果ですが、脳、神経、心臓、消火器、女性の生理機能などの働きを整え、丈夫にしてくれます

このレモン風の香りは、気分を安らかにさせ、古来からうつ病の治療にも用いられてきました。

レモンバームティーを飲用やローションに利用すれば、乾性肌が改善されます。

ローズ

ローズローズは「香りの女王」といわれ、香水材料として最も良く使われます。

ヨーロッパでは、古くから食用の香りつけと美容ローションとしてローズウォーターが売られ、日本では「ばら」の名を冠した化粧品が大ヒットしたことなどからも、潜在的な親しみやすさと香りへの興味が理解できます。

血液を浄化し、心臓、肝臓、堪能、胃、長を丈夫にし、便通も整えるなど、女性の生理機能全体を正常にしてくれることは、大変興味深いことです。

殺菌消毒作用にも優れていますが、毒性はきわめて低く、炎症を速やかに鎮めてくれます。

神経や気分を鎮静させ、メランコリックなを立ち直らせ、くつろがせることができます。すべてのタイプの肌質を整え、強くします

ローズヒップ

ローズヒップバラの実は、アスコルビン酸が化学的に組成されるまでの長期間にわたってビタミンC源として利用されてきました。

一般に野生種のドックローズ(ロザ・カニーナ)か、スィートブライアーの実で、酸味のあるさわやかな香りがします。

真紅の実は果物として食されたり、菓子作りの材料として用いられ、すっきりとした酸味が特徴です。

レモンの20倍とも30倍ともいわれるビタミンCをはじめとして、A、B、Eに富み優れた利尿作用や肝機能を高める作用が知られています。

シミ、ソバカスの予防対策に効果的です。

ローズマリー

ローズマリーミントと並んで、最も古くから薬用植物として栽培されていたハーブのひとつです。

古来から、神経を強くし、頭をシャープにし、記憶力をよくするハーブとして知られています。

ギリシャ時代(2500年以上も前)には、すでに受験の「お守り」とされていました。

芳香と強い消毒作用のため、悪霊を払い、空気を清浄にする薫蒸剤としても用いられました。

化粧水の始まりと言われる「ハンガリー水」の主成分はこのローズマリーのエキスですが、ハンガリーのエリザベート王妃がこのローションによってリウマチを治し、肌を美しくよみがえらせ、若返りに成功したという話は有名です。

デオドラント効果が高く、傷を早く治し、筋肉痛によく効きます。収れん性の高い化粧水となり、脱毛やフケ防止にも役立ちます。

窪田 正治 編 『ハーブコーディネーター養成講座 Vol.1 ハーバルライフを楽しむ』 日本園芸協会 1989年  p115~118参考

一緒に読まれている記事

無料壁紙カレンダー作成

ハーブSNS

ハーブレシピクッキング

無料ハーブアプリ

アロマテラピー検定

ハーブ資料

利用法別ハーブの効能一覧

ハーブ香りの効能一覧

ハーブバス効能一覧

ハーブ精油 香りの強さ一覧

精油の7分類・香りのタイプとノート

アロマテラピー検定2級 全300問

アロマテラピー検定1級 全330問


PAGE TOP↑